ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 感染症 > 新型コロナウイルス > 市長メッセージ(新型コロナウイルス関連) > 市長メッセージ(令和3年5月31日・新型コロナウイルスワクチン接種について)
ページ本文

市長メッセージ(令和3年5月31日・新型コロナウイルスワクチン接種について)

更新日 : 2021年6月1日

 現在、本市のワクチン接種の状況は、75 歳以上の方の2回目の予約が行われていることなどから、当面、新たに予約できる枠が少なくなっており、皆様方にはご迷惑をお掛けしています。

 市としても、こうした状況について、ホームページやdボタン広報誌(KBC1チャンネル)等を活用した広報を通じて、丁寧に説明を行っていきます。

【感染状況とワクチン接種】

 我が国では、1年以上にわたり感染者数の拡大、減少を繰り返しており、福岡県や本市においても、依然として連日、新規感染者が発生しています。

 こうした中、感染抑制への大きな期待が寄せられている 新型コロナワクチンについては、今年2月から福岡県が実施主体となって医療従事者への接種が始まりました。

 その後、本市では4月の高齢者への集団接種を皮切りに、本格的なワクチン接種をスタートさせました。

 現在、集団接種を中心に、高齢者施設における接種や医療従事者への接種なども順次実施してきており、5月30日現在、累計接種回数は約13 万5,000回、予約件数は約 25 万件に達しています。

 ワクチン接種が軌道に乗りつつある今、本市の接種状況は 大きな節目を迎えつつあり、本日2回目となる推進会議で新たな接種の方向性を決定することができました。

【推進会議における確認・決定事項】

 本日の会議では、まず、高齢者への接種について、これまでもお話ししていたとおり、7月中の接種完了を目標に進めていくことを確認しました。

 また、7月上旬頃を目途に、国が定める優先順位と併せ、市独自の優先接種として、ワクチンを接種できない子どもたちと触れ合う保育士や教職員、感染リスクの高い高齢者と接する介護事業者等、いわゆる社会機能を維持する方々への接種を開始することとします。

 その後、一般の方への接種の際には、現行の集団接種と並行し、企業等における接種など、多様な接種形態の検討を進めていきます。

 集団接種については、7月以降の会場は、暑さ対策、利便性を考えた16会場とし、引き続き、円滑かつ効率的な接種を推進してまいります。

 また個別接種については、通院・入院されている基礎疾患を有する方などを優先対象とし、先に実施した医療機関への意向調査の結果を踏まえて、準備の整ったところから、7月上旬を目途に開始します。

 現在、参加意向を表明しているのは、約350の医療機関ですが、今後、新たな参加意向も順次受け付け、準備が整い次第、追加登録していく予定です。

【まとめ】

 このワクチン接種事業は、市として過去に経験したことがない程の大きな取組みであり、庁内横断的な協力体制はもとより、市医師会をはじめとした様々な関係機関との連携・ 協力が不可欠です。今後もそうした体制で運営していきます。

 また、今後、医療従事者や高齢者の方から、一般の方へと接種が進んでいくにつれ、働く人がワクチン接種を行いやすい環境づくりを進めることも重要であり、市としても、勤務時間内のワクチン接種や副反応へ対応するための、いわゆる「ワクチン休暇」を早急に整備します。

 今後とも、接種を希望するすべての市民が、安心して円滑に接種を行えるよう、市を挙げて努力してまいります。

北橋健治サイン

このページの作成者

新型コロナウイルス感染症対策室
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:0570-093-567 FAX:093-582-3689

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。