ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > 戸畑区 > 区政情報 > 各課からのお知らせ > 総務企画課からのお知らせ > 「第18回 戸畑あやめまつり」

「第18回 戸畑あやめまつり」

更新日 : 2019年5月13日
戸畑あやめ

 ※今年度の日程は終了いたしました。

 「戸畑あやめ」は、明治末期まで現在の戸畑区の原野にのみ自生し、一時は絶滅したと考えられていましたが、戦後、区内の農園で発見された「伝説の花」です。その後、地域の方々によって保存・普及活動が進められてきました。

 毎年、この花の開花時期にあわせ、「戸畑あやめまつり」が開催されます。コンクールやアトラクションなど多彩な催しとなっていますので、皆さんぜひご来場下さい。 

日時
 令和元年5月12日(日曜日) 10時~12時

場所
 戸畑あやめ公園(戸畑区西大谷二丁目4番)
 ※(雨天時は大谷市民センターで開催)

内容
 「戸畑あやめ」コンクールやアトラクション、山野草の展示・販売、 四季の花の苗の配布(先着250人)、「戸畑あやめ」が当たる抽選会など。
 ※「花の苗引換券」は9時30分から配布し、交換はまつり終了後(中学生以上)。
  小学生以下のお子さんには、お菓子を配布します(先着50セット)
 ※「戸畑あやめ抽選券」は11時30分ごろから配布予定。

アクセス
 JR戸畑駅から、西鉄バス44番 西大谷一丁目下車
 または、西鉄バス42番 市営住宅前下車
 ※徒歩5分
 

問い合わせ先
 大谷市民センター
 電話093-881-4151

戸畑あやめ一言メモ

 「戸畑あやめ」は、明治末期まで、小澤見野(コゾミノ)の原野(現在の土取から金比羅まで)にだけ自生していたという記録が残っており、その地域の名前をとって「小澤見野の小杜若(コカキツバタ)」と呼ばれていました。明治以降は、都市化が進んだことにより住宅の建設・開発が急速に進み、「戸畑あやめ」は自生地のほとんどを奪われ、絶滅したと考えられていたため、「伝説の花」と呼ばれていました。ところが、昭和30年から郷土史会が文献(福岡県地理全誌)をもとに区内の野原や荒地、畑、農園など隈なく調査した結果、昭和33年、戸畑区内の「真矢農園」でその株を発見。それ以来地域の人々の手で保存され、現在では地域のシンボルフラワーとして、「とばたあやめを育てる会」を中心に育成・普及活動が行われています。平成2年に開催された大阪花の万博「郷土の花部門」で銅賞を獲得。平成21年12月には、国立科学博物館の研究員が発表した論文により、日本固有のあやめの1新変種として、「戸畑」にちなんだ学名がつきました。

開花時期
 5月上旬~中旬

鑑賞場所
 ●常設花壇
  戸畑あやめ公園(西大谷二丁目4番)
  戸畑区役所屋上「ふれあいの丘」(千防一丁目1番)
  浅生一号公園花壇(新池一丁目1番)
  夜宮公園花壇(夜宮)
 

特徴
 草丈は10~15センチ位、普通のあやめに比べるとずっと小型です。
 花茎が短く、葉より低く咲く花が咲きます。
 花色は紫、まれに白、絞りがでます。花が終わると葉丈が30センチ以上に伸びます。

学名
 Iris sanguinea var. tobataensis
 (イリス サングィネア バラエティー トバタエンシス)

和名
 トバタアヤメ

戸畑あやめのリーフレット

 「戸畑あやめ」の起源や育て方、見頃を紹介したリーフレットです。戸畑区役所総務企画課、大谷市民センターに置いていますので、是非ご覧ください。

戸畑あやめを普及させる活動

 「戸畑あやめ」を郷土の貴重な財産として普及・保存していこうと、戸畑あやめを育てる会では、会員を対象にした株分け講習会を開催し、多くの育成者を育てています。また、区内の小学校児童や高校生徒は、とばたあやめを育てる会の指導の下、自分達で育てる活動を行っています。戸畑高校、あやめが丘小学校、大谷小学校などのほか、戸畑区役所屋上庭園で戸畑あやめの育成に取り組んでいます。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

戸畑区役所総務企画課
〒804-8510 北九州市戸畑区千防一丁目1番1号
電話:093-881-0039 FAX:093-881-2204

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。