ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > 若松区 > 区のみどころ > 区の行事・まつり > 中村哲医師一周忌追悼記念シンポジウム 【満員御礼】

中村哲医師一周忌追悼記念シンポジウム 【満員御礼】

更新日 : 2020年12月3日

タイトルは「若松から世界へ。“川筋気質”を次代へ繋ぐ」

2019年12月にアフガニスタンで銃撃され、73歳で亡くなった中村哲医師の一周忌にあたる2020年12月に追悼記念シンポジウムを開催します。

中村哲医師の活動の原点には幼少期に過ごした若松市(現在の北九州市若松区)での祖母・玉井マンさんの教え「困っている人がいたら助けなさい」という川筋気質にあります。中村哲医師とアフガニスタンで活動を共にした杉山大二朗氏、1960年代にインドで砂漠の緑化活動に取り組んだ杉山龍丸氏を父にもつ杉山満丸氏らをパネラーに迎え、「川筋気質」「困っている人を助ける」などの先人たちが培った精神を次世代へ伝える機会にします。

(注)新型コロナウイルス感染症対策のお願い

当日はマスク着用、検温、座席の間隔を空けてお座り頂く等のご協力をよろしくお願いいたします。

また、参加される方は事前にお申し込みいただきますようお願いいたします。

日時

12月6日(日曜日)14時開場

14時30分から16時30分まで

内容

第1部

【講演】

 中村哲医師の功績について映像を交えて紹介

 講師 内山信子氏(アジアを考える会・北九州 代表)

第2部

【パネルディスカッション】

「若松から世界へ。“川筋気質”を次代へ繋ぐ」

 パネラー

  内山信子氏(アジアを考える会・北九州 代表)

  小山繁氏(福岡県立若松高等学校 校長)

  杉山大二朗氏(元ペシャワール会現地ワーカー)

  杉山満丸氏(夢野久作と杉山三代研究会 副会長)

 コーディネーター

  中原興平氏(西日本新聞社クロスメディア報道部デスク)

会場

若松市民会館 大ホール

(北九州市若松区本町3丁目13番1号)

申込方法

(1)電話

(2)FAX

(3)電子申請(以下のURLより申込が可能です)

問い合わせ先

若松区役所総務企画課企画係

電話:093-771-3559

FAX:093-751-6274

中村哲医師一周忌追悼記念シンポジウムチラシ

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

若松区役所総務企画課
〒808-8510 北九州市若松区浜町一丁目1番1号
電話:093-761-0039 FAX:093-751-6274

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。