ページトップ

総合評価落札方式

総合評価落札方式とは

 「総合評価落札方式」とは、価格だけではなく、品質を高めるための技術やノウハウなどの価格以外の要素(品質)を含めて評価して、落札者を決定する入札方式のことです。

【工事】北九州市の総合評価落札方式

 本市では、平成18年度から「総合評価落札方式」を導入しました。導入当初は、土木工事のみを適用対象としていましたが、段階的に適用拡大を行ってきました。

 本市の「総合評価落札方式」に関する基本的な事項については、「北九州市総合評価落札方式ガイドライン」をご覧ください。

【工事】平成29年度総合評価落札方式の留意点について

 平成29年度の総合評価落札方式については、平成28年度から変更があります。詳しくは、「平成29年度総合評価落札方式について(平成28年度からの変更点)」をご覧ください。

【工事】技術提案を求めない特別簡易型Bタイプの工事発注件数を増やします(お知らせ)

平成29年度も引き続き、過去の施工実績を主に評価することで一定の品質が確保できると判断される案件について、技術提案を求めない特別簡易型Bタイプを適用した工事の発注件数を増やします。他のタイプと比較して、技術提案書の提出が必要ないことから入札参加者の負担も軽くなっています。積極的な入札参加をお願いします。

詳しくは、「【総合評価落札方式】技術提案を求めない特別簡易型Bよる工事発注件数を増やします(お知らせ)」をご覧ください。

【土木設計業務】北九州市の総合評価落札方式

  土木設計業務委託の総合評価落札方式については、平成18年度より業務の難易度が高く、技術的工夫の余地が大きい案件を対象として試行的に取組んできましたが、公共工事の品質確保に向けたさらなる制度の充実を図るとともに将来の本格実施に向け、平成28年度より総合評価落札方式の適用基準を新たに設定し、予定価格が2千万円以上の案件を対象とします。

  本市の「総合評価落札方式」に関する基本事項については、「北九州市土木設計業務委託総合評価落札方式ガイドライン(案)」をご覧下さい。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

技術監理局技術部技術企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2043 FAX:093-592-0690

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。