ページトップ

現在位置:トップページ > 市政情報 > 市長の部屋

市長の部屋へようこそ

こんにちは、北九州市長の北橋です。
ここでは、定例記者会見や出席した式典・行事等を紹介しています。
少しでも市政を身近に感じていただけたらと思います。

市民の皆さまへ

ミクニスタジアムオープニング式典の様子

 皆さま、こんにちは。
 まずは、新スタジアムオープンの報告です。
 「ミクニワールドスタジアム北九州」が3月12日にグランドオープンしました。
 この新しいスタジアムはJR小倉駅新幹線口に近く、約1万5千人の観客を収容することができます。
 グランドオープン当日は、記念式典に加え、オープニングイベントとして、男性ヴォーカルグループ「LE VELVETS」のミニコンサートや地元中高生によるマーチングバンド演奏、園児等による芝生体験などのプログラムの後、ギラヴァンツ北九州の開幕戦(対ブラウブリッツ秋田)が開催されました。
 青空の下、スタンドには、招待の市民の方を中心に、J3として最多記録となる1万4935人もの観客の皆さまが来場され、熱い応援をいただきました。
 試合は惜しくも引き分けに終わりましたが、スタジアム周辺ではカフェの開設やグルメイベントも開催され、グランドオープンを祝って街全体で盛り上がりました。
 今後は、ギラヴァンツ北九州のサッカー公式戦だけでなく、4月開催のワールドラグビー女子セブンズ、ラグビートップリーグ公式戦、全国高校サッカー、北九州市民体育祭総合開会式など、様々なスポーツや地域のイベントにも活用していく予定です。
 これからも、スタジアムを大いに活用して、小倉都心部ににぎわいを創出し、市民の皆様に夢と感動を提供できるよう、年間を通して魅力あるイベントを企画・実施していきたいと思います。
 ホームページ:北九州スタジアムホームページ(外部リンク)

 次に、北九州文学サロン開館の話題です。
 3月25日、小倉北区の京町銀天街に、北九州文学サロンを開館しました。
 本市は、明治の文豪森鷗外や近代女性俳句の草分けである杉田久女をはじめ、多くの文学者を輩出しています。北九州文学サロンは、文学館や松本清張記念館、周辺の文化施設と連携して、「文学の街・北九州」を発信していく新たな拠点となります。
 また、このサロンは、小倉駅と文学館や文学碑などの文化施設が集積する小倉城周辺との中間地点に位置しており、街なかで利便性が高く、
・周辺文化施設の催し情報の紹介、観光・街歩きの案内などを行う「情報カウンター」
・本市ゆかりの作家を写真パネル等で紹介する「展示コーナー」
・講演会、読書会、句会などの文芸活動に利用できるフリースペース「文学広場」
・地元の同人誌や文芸入門書などを閲覧できる「街角文庫」
などを備え、いずれも無料で利用することができます。
 開館当日は、記念式典の後、北九州市立文学館長による記念講話や、市内の読書会主宰者5人の方がお薦めの本を紹介する「知的書評合戦ビブリオバトルin北九州文学サロン」などのイベントが開催され、訪れた多くの皆さまに「文学の街・北九州」をPRすることができました。
 文学サロンを拠点として、地元商店街や大学生の皆様と協力しながら情報発信や文芸活動の振興、にぎわいづくりにつなげていきたいと思います。
 ホームページ:北九州文学サロンがオープンします

北九州市長 北橋健治