ページトップ

現在位置:トップページ > 市政情報 > 市長の部屋

市長の部屋へようこそ

こんにちは、北九州市長の北橋です。
ここでは、定例記者会見や出席した式典・行事等を紹介しています。
少しでも市政を身近に感じていただけたらと思います。

市民の皆さまへ

キックオフ会議の様子

 皆さま、こんにちは。
 まずは、「九州・山口一円の学生就職応援プロジェクト」のご紹介です。
 このプロジェクトは、九州・山口一円の学生に北九州市内の企業やまちの魅力を体感する機会を創出することで、本市への興味関心を高め、人口をプラスへとつなげる取組みを強化するねらいがあり、プロジェクト開始を宣言するキックオフ会議を4月16日に開催しました。
 本市の強みは、これまで培ってきた市内企業との層の厚いネットワークであり、既に、求人側である企業の情報は、行政でしっかり把握できています。一方、求職者側である学生については、市内の学校とは密接に連携しているものの、市外の学校関係者とのネットワークはこれまでありませんでした。
 4月下旬から、九州・山口各県の大学・高専・工業系高校100校に市職員が訪問し、市内への就職や移住をPRします。夏以降には、各校の就職担当者向けの本市視察や、学生向けの市内事業所見学、まちあるきツアーの開催、市内企業担当者と学生との交流会に取り組みます。
 域外の学校との顔の見える関係を築くことにより、本市で働く人の新たな流れが生まれ、人口がプラスへとつながっていくことを期待しています。新たな働き手を増やす取組は待ったなしであり、全国初のプロジェクトを市一丸となって進めてまいります。

 次に、「北九州かるかるファンド」への寄附金の募集についてです。
 本市では、市民の皆さまと文化活動を展開していくために、「北九州市文化振興基金(愛称:北九州かるかるファンド)」への寄附金を募集します。 「かるかる」は、文化を意味する英語Cultureと芸術に親しむことを意味するCultivateの造語です。
 集まった寄附金は、「文化・芸術の街・北九州」としてさまざまな事業に幅広く活用します。例えば、北九州フィルムコミッション、小学3年生への美術鑑賞プログラム「ミュージアム・ツアー」、北九州国際音楽祭、「文学の街」の情報発信、指定文化財の保存・活用などの財源になります。
 5千円以上の寄附をした人には、リリー・フランキーさんデザインのかるかるカードが送られ、市内の文化施設常設展と開催中の特別展(特別展は1施設のみ)に1回ずつ2人まで無料で入場できる特典があります。1万円以上の寄付をした人には、さらに森鷗外などの著作を収録した文学館文庫や松本清張記念館、美術館などのオリジナルグッズをお届けします。また、寄附金の2千円を超える金額(個人住民税所得割の2割程度が上限)は、住民税や所得税の控除が受けられます。
 ぜひ、ふるさと北九州の文化芸術の応援をお願いします。

北九州市長 北橋健治