ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 予防接種 > 公害認定患者に対する肺炎球菌ワクチンの接種について(医療機関向け通知)

公害認定患者に対する肺炎球菌ワクチンの接種について(医療機関向け通知)

 予防接種法施行令の改正により、平成26年10月1から新たな定期予防接種として、「肺炎球菌の接種」が開始されることになりました。

 これに伴い、公害認定患者も当該接種の対象になり得ますが、公害医療の特殊性(肺炎球菌ワクチンは、呼吸器の慢性疾患のある患者における感染症の予防に有効)を考慮し、肺炎球菌ワクチンが、指定疾病の続発症発症予防として使用される場合は、従前のとおり、公害医療の療養の給付対象といたします。

請求方法

 接種の薬剤料及び技術料の点数をレセプトに計上し、接種年月日を記載の上、全額を公害診療報酬としてご請求ください(この場合、公害認定患者の窓口自己負担は発生しません)

留意事項

 再接種を行う場合には、その必要性を慎重に考慮した上で、前回の接種時から十分な間隔を確保してください。

問い合わせ先

 北九州市総合保健福祉センター管理課公害保健係

 電話093-522-8722

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局総合保健福祉センター管理課
〒802-8560 北九州市小倉北区馬借一丁目7番1号
電話:093-522-5311 FAX:093-522-8739

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。