ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 感染症 > 麻しん(はしか)

麻しん(はしか)

全国的に麻しん(はしか)患者の届出が増加しています。
麻しん(はしか)は感染力が大変強い感染症です。
自分が感染しないためだけではなく、周りの人に感染を広げないためには、予防接種が有効です。
※予防接種を1度も受けたことがない人および1回しか受けたことがない人は予防接種を受けましょう。

・厚生労働省
  「麻しんについて」(外部リンク)

・国立感染症研究所
  「麻しん」(外部リンク)

麻しんについて

麻しんウイルスに感染した約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が出現します。肺炎、中耳炎を合併しやすく、患者1000人に1人の割合で脳炎が発症すると言われています。死亡する割合も、先進国であっても1000人に1人と言われています。
近年はワクチンの2回接種が行われ、麻しんに感染する方の人数は減っています。

感染経路

空気感染、飛沫感染、接触感染で、その感染力は非常に強いと言われています。免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症し、一度感染して発症すると一生免疫が持続すると言われています。また、麻しんウイルスは、ヒトからヒトへ感染すると言われています。

予防のポイント

麻疹は、接触、飛沫、空気 (飛沫核)のいずれの感染経路でも感染します。麻疹ウイルスの直径は100~250nmであり、飛沫核の状態で空中を浮遊し、それを吸い込むことで感染しますので、マスクでの予防は難しくなります。

◆麻しんの予防、感染の拡大防止には、予防接種が効果的です。

  1. 麻しんの定期接種対象者は、予防接種を受けましょう。【麻しんの定期予防接種対象者】
    1歳児、小学校入学前1年間の幼児の方は、無料で接種できます。
  2. 成人の麻しん患者の割合が増加しています。医療・教育関係者や海外渡航を計画している成人も、麻しんの罹患歴や接種歴が明らかでない場合は予防接種を検討してください。

医療機関の皆様へ

医療機関におかれましては、発熱や発しんを呈する患者が受診された際は、下記の(1)~(3)をご確認ください。

(1)麻しん含有ワクチンの接種歴

(2)最近の渡航歴、最近の国内旅行歴

(3)最近国際空港や人が多く集まる場所に行ったことがないか

麻しんが否定できない場合には、速やかに別室等に誘導し、他の外来患者とは隔離する等の適切な院内感染対策を実施していただきますようお願いいたします。

麻しんと診断された場合には、速やかに北九州市保健所保健予防課へ届出していただきますようお願いいたします。

連絡先 電話番号
北九州市保健所保健予防課 093-522-8711

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局保健衛生部保健衛生課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2435 FAX:093-582-4037

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。