ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 子育て > 妊娠・子育てに関する助成・手当 > 医療費の助成 > 子ども医療費支給制度について【平成28年10月1日改正】

子ども医療費支給制度について【平成28年10月1日改正】

子ども医療を受けられる人

北九州市内に住所を有し、健康保険に加入している中学校3年生(満15歳に達する以後の最初の3月31日)までの子ども

※所得制限はありません
※生活保護を受けている方は、対象外です。
※他の公費医療費助成(小児慢性特定疾患等)が受けられる場合はそちらを優先して適用します。

子ども医療証の交付手続き

住所地の区役所または出張所で手続きをしてください。
※北九州市役所での郵送の受付は、終了いたしました。
※出張所での医療証交付は、各出張所により異なりますので直接お問い合わせください。

  1. 出生の日の翌日から1ヶ月以内に手続きした場合は、出生日から有効の医療証を交付します。
  2. 転入の日の翌日から15日以内に手続きした場合は、転入日から有効の医療証を交付します。

※上記期間を経過すると申請月の初日から有効の医療証になりますのでご注意ください。

【手続きに必要なもの】

・子どもの健康保険証
・印鑑(スタンプ印不可)
・子どもの生計維持者が市外から転入した場合または市外に住所を有する場合は、「所得額証明書」が必要になる場合があります。(3歳未満の子ども及び中学生は除く)

医療費の助成範囲

医療費のうち、保険診療による自己負担額から下記金額を除いた分を助成します。

年齢 通院 入院
3歳未満 無料 無料
3歳以上小学校就学前 1医療機関あたり  500円/月まで
小学生 1医療機関あたり  1,200円/月まで
中学生 助成対象外

※小学生以下については、薬局での自己負担はありません。
※平成31年4月から3歳以上小学校就学前の通院は、「1医療機関あたり600円/月まで」となります。
※次のものは助成対象になりません。

  • 入院時の食事代(標準負担額)
  • 保険診療以外の医療費(差額ベッド代、健康診断の費用、予防接種の費用、薬の容器代、諸証明の費用、保険診療外の歯科治療費等)

助成方法

子どもが県内の医療機関にかかるときは、「健康保険証」と「子ども医療証」を医療機関の窓口に提示することにより、助成が受けられます。

払い戻しについて

以下の場合、医療機関で保険診療の自己負担分を一旦お支払いいただき、後日、区役所で申請することにより、子ども医療の一部負担金及び高額療養費、付加給付金を差引いた分を払い戻します。

  • 県外で受診した場合
  • 医療証を忘れて受診した場合
  • 治療用器具(治療用眼鏡等)を作製した場合
  • 他の公費医療費助成(小児慢性特定疾患等)を受けてもなお自己負担が生じる場合
    ※払い戻しに関する請求は、医療費支払いの翌日以降5年で時効となり払い戻しできなくなりますので、ご注意ください。

申請手続きに必要なもの

  • 子ども医療証・健康保険証・医療費の領収書
  • 印鑑(スタンプ印不可)
  • 預金通帳(普通預金または当座預金)
  • 療養費支給証明書等
  • その他必要書類

その他の届出について

次のようなときには、届出が必要です。
住所地の区役所保健福祉課子ども・家庭相談係の窓口で、手続きをしてください。

  1. 住所や氏名がかわったとき
  2. 健康保険の種類または記載事項がかわったとき
  3. 生活保護を受けるようになったとき
  4. 交通事故で子ども医療証を使用するとき
  5. 身体障害者手帳(1級または2級)または療育手帳(A表示)、精神障害者保健福祉手帳1級の交付を受けたとき

※届出がない場合、医療証を使用できないことがありますのでご注意ください。

このページの作成者

子ども家庭局子ども家庭部子育て支援課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2410 FAX:093-582-5145

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

妊娠・子育てに関する助成・手当

  • 組織から探す
  • 区役所
  • 施設
  • 市政・区政相談
  • 市政・区政提案箱
  • 北九州市コールセンター 093-671-8181 年中無休 8時から21時