ページトップ

里親制度

里親とは、保護者のいない児童や、保護者がいてもさまざまな事情で一緒に生活することができない児童を自分の家庭に迎え入れ、温かい愛情とまごころを込めて養育してくださる方のことです。

里親制度

里親制度は、児童福祉法に基づいて、里親となることを希望する方に、児童の養育を委託する制度です。養育を委託する期間や里親の要件などにより次の種別があります。

種別 期間や要件
養育里親 保護者が児童を引き取れるようになるまで、または児童が18歳(高校卒業まで)になるまで保護者に代わって養育する里親です。認定前に、研修の受講が必要です。
養子縁組里親 養子縁組によって養親となることを希望する里親です。 養育里親として登録した後、具体的に養子縁組に向けた手続き等を始める時点で養子縁組里親に移行することもできます。
専門里親 虐待を受けた児童などを、2年以内の期間を定めて預かり、養育にあたる里親です。3年以上の養育里親の経験等と専門里親研修の終了後、専門里親になることができます。
親族里親

両親その他児童を現に監護する者が死亡、行方不明等により、児童を養育する人がいない場合、扶養義務者及びその配偶者である親族が児童を預かる里親です。

里親募集

平成21年度より、養育里親は、所定の研修を終了することが義務付けられました。
里親を希望される方は、北九州市子ども総合センターにご連絡下さい。

このページの作成者

子ども家庭局子ども総合センター
〒804-0067 北九州市戸畑区汐井町1番6号
電話:093-881-4556 FAX:093-881-8130

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。