ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > 小倉北区 > 区のみどころ > 観光・歴史・文化 > 文学にふれる > 杉田久女・橋本多佳子

杉田久女・橋本多佳子

杉田久女

プロフィール

杉田久女

 明治23年鹿児島生まれ。東京女子高等師範学校附属お茶の水高等女学校卒業後、明治42年旧制小倉中学(現小倉高校)の美術教師・杉田宇内の妻として移り住む。
 大正5年より兄の手ほどきで句作を始め、大正7年には「ホトトギス」の雑詠欄に入選する天性の才能を発揮した。
 昭和9年「ホトトギス」同人となるも、後に除名された。 昭和21年大宰府にて逝去。

久女の句碑

小倉北区妙見1番30号  圓通寺境内
   「三山の高嶺つたひや紅葉狩」(昭和54年1月建立)
   「無憂華の樹かげはいつこ仏生会」(平成元年1月建立)

小倉北区堺町1丁目7番堺町公園内
   「花衣ぬぐや纏はるひもいろいろ」(昭和59年11月建立)
 

橋本多佳子

プロフィール

橋本多佳子

 明治32年東京生まれ。大正6年橋本豊次郎と結婚、大正9年櫓山荘を新築し小倉に移り住む。
 杉田久女に俳句の手ほどきを受け、「ホトトギス」に投句。昭和4年には大阪に移り高浜虚子、山口誓子へと師事し、「馬酔木」同人となる。昭和23年より「天狼」に同人として参加。昭和25年「七曜」主宰となる。
 昭和38年大阪にて逝去。
 

櫓山荘~ろざんそう 小倉北区中井浜4番

ありし日の櫓山荘

 小倉・中原の櫓山(やぐらやま)という小さな丘に、かつて「櫓山荘」と呼ばれた洋風3階立ての建物がありました。
 多佳子は櫓山荘で杉田久女と出会い、俳句にひかれ、久女の指導を受けて俳句を始めました。 
 大胆かつ華麗な多佳子の俳句は、小倉の文化サロン・櫓山荘が原点となったのです。

 現在建物はありませんが、平成18年4月に櫓山荘公園として整備され、一般に開放されています。また、平成15年10月に櫓山荘と二人の女性俳人を記念して、句碑が建てられました。
 

このページの作成者

小倉北区役所総務企画課
〒803-8510 北九州市小倉北区大手町1番1号
電話:093-582-3339 FAX:093-581-5496

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。