ページトップ

井手浦 尻振り祭

尻振り祭の写真

日時

毎年 1月8日
13時頃~(内神事)、 14時頃~14時半頃(外神事)   

場所

内神事(井手浦公民館:小倉南区大字井手浦432)

外神事(井手浦公民館前の広場)

内容

 その昔、出雲の国(現在の島根県)で八岐大蛇(ヤマタノオロチ)が大暴れして、その地域の人々と供に須戔鳴尊(すさのおのみこと)が退治したとき、尻尾が平尾台の麓の井手浦まで飛んできて、その年は10数年ぶりの大豊作になったという伝説に因んでいます。この祭りは、1600年代に始まったと伝えられています。
 以前は、井手浦の老若男女が総出で祭行事に参加していましたが、現在では「井手浦 尻振り祭保存会」が伝統行事を引き継いでいます。
 春の農作業を始める1月8日、井手浦公民館前の広場には、ワラで作った4mを超える大蛇が、二本の松の木に掲げられます。その大蛇の前に祭壇を設け、宮司と保存会二人の計三人が、弓矢や弊などをお尻に当て、海・山・川の掛け声にあわせ左右に大きく振ります。お尻を大きく振るほど大豊作になるといわれているため、「もっと振れ、もっと振れ!」と賑わいます。その後、宮司が大蛇を三本の矢で射とめ、太刀で3ヶ所斬るしぐさをして、大蛇退治は終わります。

このページの作成者

小倉南区役所総務企画課
〒802-8510 北九州市小倉南区若園五丁目1番2号
電話:093-951-1024 FAX:093-951-5553

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。