ページトップ

野生サルについて

野生サルに遭遇したら

 小倉南区では、野生サルの群れが主に東谷・両谷地区を活動域として生息しています。また、離れサルが単独で郊外の山に住み着き、たびたび街中に姿を現します。街中でサルを見かけたら、危険を避けるために以下のことに気をつけましょう。

1 近づかない

  不用意にちかづくと襲われることがあります。とくに幼児などは危険です。

2 目をあわせない

  目を見つめると、威嚇されたとサルが思い、襲われることがあります。

3 大きな声を出さない、驚かせない

  サルの防衛本能を刺激させることになりますので、止めましょう。

4 絶対にエサを与えない、エサを見せない

  人がエサをくれることを覚えるとサルがそこに居ついたり、周囲の人家に侵入するなど、地域全体に被害を引き起こす原因となります。また、エサとなるものを屋外に放置しないようにしましょう。

5 戸締りを徹底し、家への侵入を防ぐ

  二階の窓からも人家の中に侵入することもあるので、十分注意しましょう。

野生サルの目撃件数

 畑の野菜や木になっている果物、家の軒下などに干してあるたまねぎなどが食べられる被害が発生しています。
 最近のサルの出没状況は以下のとおりです。

年度 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
平成25年度 19 19 11 28 8 4 7 2 0 1 1 21 121
平成26年度 8 19 19 26 24 4 2 3 1 3 6 1 116
平成27年度 19 25 14 1 14 6 3 1 0 1 5 7 96
平成28年度 18 27 6 9 4 2 1 2 0 2 2 2 75
平成29年度 1 6 5 3 1 1 5 3           

農作物等の被害防止対策

野生サルのエサをなくす

 収穫されずに畑に放置されたままの野菜や捨てられた野菜くず、また、実がなったままになっているビワや柿、栗などはサルのエサとなり、サルが人里に下りてくる原因となります。サルが下りてこないよう、これらのエサとなるものをきちんとなくしましょう。
 また、絶対にエサをあげないようにしましょう。

野生サルを追い払う

 サルが出没した場合、石ころや棒切れなどを使って追い払ってください。サルが出没しても追い払わないでいると、サルはそこが安全な場所と認識し、たびたび現れるようになってしまいます。
 ただし、追い払うための道具がない場合や一人だけしかいない場合など、危険を感じる場合にはむやみに近づかず、サルと目を合わさないようにしながら、静かに速やかに遠ざかりましょう。

鳥獣対策実践マニュアル

お問い合わせ

・サルが出没したら 
 小倉南区役所総務企画課企画広報係 (電話:093-951-1024)

・サル被害対策について
 産業経済局鳥獣被害対策課 (電話:093-582-2269) 

このページの作成者

小倉南区役所総務企画課
〒802-8510 北九州市小倉南区若園五丁目1番2号
電話:093-951-1024 FAX:093-951-5553

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。