ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 鳥獣対策 > よくある相談と対策【カラス】

よくある相談と対策【カラス】

Q1 カラスに威嚇されました。近くに巣があるので撤去してほしい。(地面で羽ばたいている幼鳥がいる。)

 カラスの繁殖期は3~6月で、幼鳥が巣立つ時期は5~6月になります。巣立ったばかりの幼鳥は、しばらく親から餌をもらいながら巣の近くで生活します。この時期の幼鳥は飛ぶ力が弱いため、地面でうずくまっている(休憩する)ことがあります。

(1)野生動物は、自然のままに生きていくのが本来の姿であり、自然の中での出来事については見守ることが基本です。通常であれば、体力が回復して家族の元に帰ります。

(2)幼鳥にむやみに手を出そうとすると、近くにいる親が威嚇や攻撃をしてくる危険性があるので、できるだけ近づかないようにしましょう。

(3)もしケガをしていても、そのままにしておいてください。野生動物の多くは寿命がつきる前にほかの生き物に食べられたり、ケガや病気で命を落としています。そして、野外でなくなった命を食べて、また多くの命が育っています。野生動物はそうした命のつながりの中で生きています。

(4)どうしてもその場から移動や撤去しなければならない場合は、下記にお問い合わせください。

このページの作成者

産業経済局農林水産部鳥獣被害対策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2269 FAX:093-583-0594

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。