ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 彫刻 > 【市指定】木造聖観音立像 1体附 胎内納入木札2枚
ページ本文

【市指定】木造聖観音立像 1体附 胎内納入木札2枚

【市指定】木造聖観音立像
指定区分  市指定 有形文化財(彫刻)
文化財名称  木造聖観音立像  1軀 附 胎内納入木札2枚
名称かな  もくぞうしょうかんのんりゅうぞう
指定年月日  昭和52年3月22日
 所在地 八幡西区木屋瀬三丁目5番27号 永源寺
概要  本像は樟材の一木造り、彫眼の立像である。制作時期は鎌倉時代と推定されるが、背部に背刳(仏像の干割れを防ぎ、像を軽くするため、背中から胎内を刳る)という技法が用いられている点が特徴的である。胎内に納められている木札の墨書銘や光背(光明を表すもので仏像の背後につけられる)の陰刻銘により、元禄11年(1698)と享和3年(1803)に修理されていることがわかる。寺仏によると、永源寺(曹洞宗)は八幡西区金剛にあって金剛寺と称していたが、大永3年(1523)現在地に移り永源寺と名をかえたという。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。