ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 彫刻 > 【市指定】木造阿弥陀如来坐像 1体

【市指定】木造阿弥陀如来坐像 1体

【市指定】木造阿弥陀如来坐像
指定区分 市指定 有形文化財(彫刻)
文化財名称 木造阿弥陀如来坐像 1軀
名称かな もくぞうあみだにょらいざぞう
指定年月日 昭和57年3月1日
所在地 小倉南区大字貫1770番地 西専寺
概要 本像は桧材の一木造りで、体内には内刳が施されている。膝前と両腕の半ばから先はそれぞれ別材を矧付け、目には玉眼を嵌入している。虫食いや後補個所もみられるが、全体に保存は良好である。量感のある上半身とそこに浅く彫られた数少ない衣文線は顔の穏やかな表情と調和をはかっており、藤原様式を残す鎌倉初期の完好な作例である。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。