ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 彫刻 > 【市指定】木造阿弥陀如来坐像 1体
ページ本文

【市指定】木造阿弥陀如来坐像 1体

【市指定】木造阿弥陀如来坐像
指定区分 市指定 有形文化財(彫刻)
文化財名称 木造阿弥陀如来坐像 1軀
名称かな もくぞうあみだにょらいざぞう
指定年月日 平成6年3月30日
所在地 小倉南区中吉田六丁目5番4号
概要 本像は頭体部を通じた桧材の一木造り、彫眼の坐像で、頭部に内刳はなく、背面より内刳を施し、背板をあてる。後補や修理は多いが、全体的に保存は良好である。鉢を伏せたような肉髻部に、小粒の螺髪を整然と並べ、少々磨損は見えるが、威厳ある表情が刻出されている。強い肩の張りや厚い胸と腹部の量感ある表現とも合わせて考えれば、平安時代11世紀頃の制作と思われる。本像の制作者やその伝来などは不明であるが、宗光寺の成立以前に制作伝来されたものである。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。