ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 工芸品 > 【市指定】梵鐘 1口
ページ本文

【市指定】梵鐘 1口

【市指定】梵鐘
指定区分 市指定 有形文化財(工芸品)
文化財名称 梵鐘 1口
名称かな ぼんしょう
指定年月日 昭和53年3月22日
所在地 北九州市若松区東二島三丁目13番36号 徳雲寺
概要 この梵鐘は室町時代の永享2年(1430)、北九州の豪族麻生氏の第11代家見が、二嶋庄・聯芳山総善禅寺(廃寺)に奉納したものである。その後宝永2年(1705)に日吉神社に移り、明治維新の頃再び現在の徳雲寺に移された。竜頭の作風が中央に突出した宝珠の蓮華坐下部左右に空隙をつくり、竜の口が笠形上部から出た棒をくわえた形状という小倉鋳物師の特徴を持つため、鋳工道仙もその一員とみられる。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。