ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 古文書 > 【市指定】一田家文書 295点

【市指定】一田家文書 295点

 【市指定】一田家文書 
指定区分 市指定 有形文化財(古文書)
文化財名称 一田家文書 295点
名称かな いちだけもんじょ
指定年月日 昭和54年3月22日
所在地 北九州市八幡西区相生町19番1号 八幡西市民センター郷土資料室
概要 本文書は代々堀川受持(堀川庄屋)を務めた一田家に伝来するものである。一田家は寛延4年(1751)から宝暦12年(1762)にかけての堀川開削工事の功により、一田久作(享保13年から明和9年=1728から1772)が堀川受持に任ぜられてから代々同役を務め、また大庄屋、村庄屋を務めた人もいる。資料は同家が堀川受持となって以降の堀川関係の触書、達書、諸帳簿、絵図などの原本、控、写しで、現存する堀川資料では最もまとまったものである。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。