ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 考古資料 > 【市指定】長宜子孫内行花文鏡 1面

【市指定】長宜子孫内行花文鏡 1面

 【市指定】長宜子孫内行花文鏡 
指定区分 市指定 有形文化財(考古資料)
文化財名称 長宜子孫内行花文鏡 1面
名称かな ちょうぎしそんないこうかもんきょう
指定年月日 平成11年3月30日
所在地 小倉北区金田一丁目1番3号 市立埋蔵文化財センター
概要   小倉城下屋敷跡の発掘調査で平成8年に出土した後漢代の鏡である。小倉城下屋敷跡は縄文時代から室町時代、江戸時代などの複合遺跡である。この鏡は、弥生時代後期の土層から出土しており、墓の副葬品と思われる。鏡面の直径15.6cm、反り6mm、鈕の径16mmの青銅製円鏡で、「長宜子孫」(長く子孫に宜し)の銘がある。この鏡の鏡面には、水銀朱付着繊維、平絹、高級絹織物である羅の可能性もある繊維の3種類の布の繊維が付着しており、これらの布で鏡を二重に包んでいたことが判明している。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。