ページトップ

【市指定】天秤 1挺

【市指定】天秤
指定区分 市指定 有形民俗文化財
文化財名称 天秤 1挺
名称かな てんびん
指定年月日 平成5年3月30日
所在地 八幡東区東田二丁目4番1号 市立自然史・歴史博物館
概要   重さが価値を表す称量貨幣が流通していた江戸時代において、天秤は両替商が金、銀貨の目方を量るために必要な道具であり、主に京都、大阪地域で製作された。この天秤は、その銘から両替町(現京都市中京区カ)の針口屋与三兵衛が製作、小倉城下室町二丁目の商人井筒屋彦兵衛が宝永5年(1708)に入手したものと考えられる。台には引き出しがあり、上段に針口全部を、中段に組み外した鳥居を、下段左右に分銅を収めることができる。分銅は金座の後藤家が製作したものに限られ、この分銅の裏面にも後藤の刻印がみられる。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。