ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 無形民俗文化財 > 【市指定】葛原新町楽

【市指定】葛原新町楽

【市指定】葛原新町楽
指定区分 市指定 無形民俗文化財
文化財名称 葛原新町楽
名称かな くずはらしんまちがく
指定年月日 昭和59年2月1日
所在地 小倉南区葛原四丁目3番1号 葛原八幡神社
概要   豊前地方に分布する太鼓踊(この地方では楽とか楽打と呼ぶ)の一つ。成立時期は定かではないが、昔牛馬に悪疫が流行したおり、これを鎮めるために村の天神様(明治初年原八幡神社境内に遷座)に平癒祈願の楽を奉納したのが始まりと伝えられている。天保5年(1834)、嘉永5年(1852)の雨乞祈祷で踊ったことが記録に見られる。楽の構成は、言上1、うちわ2(杖を兼ねる)、笛3~5、鉦3~5、太鼓12(うち頭楽2)の半楽形式で、扮装や芸態は沼楽とほぼ同一である。昭和30年(1955)に一時中絶、同51年に復活してから現在に至っている。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。