ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 無形民俗文化財 > 【市指定】天籟寺の盆踊
ページ本文

【市指定】天籟寺の盆踊

【市指定】天籟寺の盆踊
指定区分 市指定 無形民俗文化財
文化財名称 天籟寺の盆踊
名称かな てんらいじのぼんおどり
指定年月日 昭和58年2月21日
所在地 戸畑区天籟寺地区
概要   天籟寺地区に古くから伝わる盆踊りであり、三味線・太鼓などの楽器を用い、小歌に合わせて踊る遠賀川流域の盆踊りと、太鼓と口説歌で踊る旧企救郡農村部の盆踊りの両芸態が混交している。これは昔天籟寺地区が豊前国の国境近くに位置していたためと考えられる。太鼓を踊り輪の中心に置き「思案橋、調子踊、七つ拍子、大津絵(江戸時代の文化文政頃から明治時代に、全国に流行した俗曲の大津絵節)」の4種を踊る。思案橋には口説歌が歌われ、調子踊、七つ拍子は小歌系の歌詞を用いる。太鼓だけの楽器で歌う様は地方性が出ていて興味深い。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。