ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 史跡 > 【市指定】三条の国境石 1基
ページ本文

【市指定】三条の国境石 1基

三条の国境石の画像
指定区分 市指定 史跡
文化財名称 三条の国境石 1基
名称かな さんじょうのこっきょうせき
指定年月日 昭和50年3月22日
所在地 八幡東区高見二丁目2番内
概要   江戸時代の北九州市域は、ほぼ中央から東西に小倉藩と福岡藩に分かれ、中期にはその国境に境石が建てられていた。そのうち13基が現在も残っている。この三条の国境石もその一つで、福岡藩が建てたものであるが、当初のものが小さかったため、天保5年(1834)9月同藩最大規模の境石に建て替えている。銘文は「従是筑前国」、筆者は同藩祐筆、二川相近(明和4年~天保7年=1767~1836)で、相近は彼自身が考え出した竹底彫りという新しい技法を刻銘に採用させている。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。