ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 天然記念物 > 【国指定】夜宮の大珪化木

【国指定】夜宮の大珪化木

【国指定】夜宮の大珪化木
指定区分 国指定 天然記念物
文化財名称 夜宮の大珪化木
名称かな よみやのだいけいかぼく
指定年月日 昭和32年2月22日
所在地 戸畑区夜宮二丁目1番内
概要  この珪化木は、昭和15年10月、夜宮地区の区画整理中に6メートルの地中から発見されました。最大幅2.2メートル、長さは推定40メートル(露出部分約12.9メートル)もある日本最大級の珪化木です。
これは、第三紀漸新世(約3500万年前)にできた地層に埋もれていたもので、トウダイグサ科の広葉樹の一種、ニセホバシライシの樹の幹に、石英の成分である珪酸(SiO2)がしみこんで化石化したものです。この珪化木は北九州地方の当時の植物や気候を研究するうえで、貴重な資料となっています。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。