ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 天然記念物 > 【県指定】大山祗神社の公孫樹

【県指定】大山祗神社の公孫樹

【県指定】大山祗神社の公孫樹
指定区分 県指定 天然記念物
文化財名称 大山祗神社の公孫樹  1本
名称かな おおやまづみじんじゃのいちょう
指定年月日 昭和37年7月26日
所在地 北九州市小倉南区大字呼野872番地
概要   公孫樹は中国原産の落葉樹であり、生きた化石といわれるように、太古の昔から現代に至るまでほとんどその形が変化していない植物である。この公孫樹は大山祇神社にある雌の樹で、県下でも最大級のものである。梢の部分に老化現象が見られ、また枝の一部が台風のため折損したことなどにより、樹勢が衰えていたが、平成7年、9年の2度にわたる本格的な治療によって蘇り、毎年秋には大粒のギンナンを大量に実らせている。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。