ページトップ

住宅用火災警報器

 住宅用火災警報器の設置は義務です。
 北九州市では、平成21年6月1日から、また、全国でも平成23年6月1日から、全ての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務となっています。
 設置義務は、戸建て住宅や店舗併用住宅、共同住宅等の住宅の種類を問いません。
 ※マンション等で自動火災報知設備等が設置されている場合は免除となります。(詳しくは、次の「設置が必要な場所」をご覧ください)

 まだ設置されていない方は、早急に設置をお願いします。
住警器

おおむね10年で交換が必要になります

 住宅用火災警報器は、古くなるとセンサーなどの故障や電池切れなどで、火災を感知しなくなることがあります。この時期の目安がおおむね10年です。
 10年を経過した住宅用火災警報器は、電池交換または新品への交換を行いましょう。

注意!
 故障や電池切れを「ピー」などの警告音で、自動でお知らせする住宅用火災警報器があります。
 このような警告音が鳴った場合、あわてずに取扱説明書などを確認し、電池交換または新品への交換を行ってください。

より安全のために!
 北九州市消防局では、火災が発生した際、より確実に住宅用火災警報器が作動するよう、10年を経過した住宅用火災警報器については、新品への交換を推奨します。

悪質な訪問販売などにはくれぐれも注意してください

住宅用火災用火災警報器の設置義務化に便乗して、

  • 警報器を法外な値段で売りつける
  • 公的機関を装う
  • 「設置しないと罰金がある」などと騙す

といった悪質な訪問販売や電話勧誘による被害の発生が懸念されます。

  • 警報器は市内のホームセンターや家電販売店、消防設備事業者などで販売しています。
    (販売価格はそれぞれの店舗で確認してください。)
  • 公的機関が警報器を販売したり、販売を業者に委託したりすることはありません。
    もちろん消防職員や市職員などが警報器を販売することもありません。
  • 未設置の場合は消防法違反となりますが、罰金などの罰則はありません。
    被害にあわないように、くれぐれも注意してください。

また、消火器の不適正販売にも注意してください。
一般住宅には、消火器の設置義務はなく、みなさんが任意で設置するものですので、騙されないように注意してください。

不審に思ったときは、最寄りの消防署または消費生活センターに連絡してください。

消費生活センターの連絡先
 門司相談窓口 電話:093-331-8383
 小倉北相談窓口 電話:093-582-4500
 小倉南相談窓口 電話:093-951-3610
 若松相談窓口 電話:093-761-5511
 八幡東相談窓口 電話:093-671-3370
 八幡西相談窓口 電話:093-641-9782
 市立消費生活センター 電話:093-861-0999

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

消防局予防部予防課
〒803-8509 北九州市小倉北区大手町3番9号
電話:093-582-3836 FAX:093-592-6795

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。