ページトップ

火災からの避難

避難のポイント

  • 天井に火が燃え移ったら、消火をやめすぐに避難する。
  • 服装や持ち物等にこだわらず、早く避難する。
  • 避難は、お年寄り、子ども、病人を優先する。
  • 煙の中では姿勢をなるべく低くし、濡れたタオル等で口や鼻を覆う。
  • 一度避難したら、二度と建物の中には戻らない。
  • 逃げ遅れた人がいる場合は、すぐに消防隊員に知らせる。
火災からの避難

煙の怖さ

  • 火災の煙には、一酸化炭素などの有毒ガスが含まれており、この煙を吸うと、身体のまひ等で避難ができなくなり、短時間で死に至ります。
  • 煙の拡がる速さは、水平方向では毎秒約0.5メートルですが、垂直方向(上方)へは毎秒3メートル~5メートルにもなります。垂直方向では人が歩く速度よりも速いため、階段等では特に注意が必要です。
煙の怖さ

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

消防局予防部予防課
〒803-8509 北九州市小倉北区大手町3番9号
電話:093-582-3836 FAX:093-592-6795

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。