ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 世界文化遺産登録 > 世界文化遺産登録決定!(世界遺産のある街・北九州市)

世界文化遺産登録決定!(世界遺産のある街・北九州市)

 幕末から明治時代にかけて日本の近代化に貢献した産業遺産群、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」(※登録に際し名称が変更されています)が、平成27年7月5日、第39回ユネスコ世界遺産委員会において、世界文化遺産に登録決定されました。
 この遺産群は、北九州市を含む8県11市にまたがる23資産からなり、北九州市からは、官営八幡製鐵所関連施設が構成資産に含まれています。

 「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」公式ホームページ(外部リンク)

 北九州市の産業観光を体験しよう!!
 北九州産業観光(外部リンク)

 “世界遺産のある街”北九州市CM(外部リンク)

旧本事務所眺望スペースについて

 官営八幡製鐵所関連施設は、製鐵所の構内に立地していることから現在一般には公開されていませんが、構成資産のひとつである旧本事務所(1899年竣工)を眺望できるスペースが整備されています。
 行き方などの詳細は、眺望スペースご案内のページ(下記)をご覧ください。
 官営八幡製鐵所旧本事務所眺望スペースのご案内

北九州市における世界遺産施設(いずれも一般には非公開の施設です)

官営八幡製鐵所旧本事務所

官営八幡製鐵所旧本事務所

 八幡製鐵所創業2年前の1899年に竣工した初代本事務所です。
 中央にドームを持つ左右対称形の赤煉瓦建造物で、長官室や技監室、外国人顧問技師室などが置かれました。
 1922年、製鐵所の規模拡大に伴って管理機能が移転した後は、鉄鋼研究所や検査室などとして利用されました。

官営八幡製鐵所修繕工場

官営八幡製鐵所修繕工場

 1900年、製鐵所で使用する機械の修繕、部材の製作加工等を行う目的で、ドイツのグーテホフヌンクスヒュッテ(GHH.)社の設計と鋼材を用いて建設された鉄骨建造物です。
 その後、鋼材生産量の増大に伴って3回増築されました。
 創業から現在まで110年以上の間、修繕工場として稼働し続けています。

官営八幡製鐵所旧鍛冶工場

官営八幡製鐵所旧鍛冶工場

 1900年に、製鐵所建設に必要な鍛造品の製造を行う目的で、修繕工場と同様、ドイツのGHH.社の設計と鋼材を用いて建設された鉄骨建造物です。
 製鐵所の拡張工事により増築されましたが、その後、1917年に現在地へ移築されるとともに製品試験所になりました。
 現在は史料室として利用されています。

遠賀川水源地ポンプ室【中間市】

遠賀川水源地ポンプ室

 遠賀川の河口から約10キロにある八幡製鐵所の取水施設です。
 八幡製鐵所第一期拡張工事に伴う工場用水不足を補うため、1910年に操業を開始しました。
 明治建築の典型的な煉瓦建造物です。
 動力は蒸気から電気に変わりましたが、現在も稼働中です。

・写真提供:新日鐵住金(株)八幡製鐵所  ※掲載の写真は転載禁止です。

これまでの動き

平成27年5月 イコモスにより世界遺産一覧表への「記載(登録)」が適当であると勧告されました

 平成27年5月4日、ユネスコ世界遺産委員会の諮問機関であるイコモス(国際記念物遺跡会議)による評価結果及び勧告が発表され、世界遺産一覧表への「記載(登録)」が適当であると勧告されました。

平成26年1月 推薦書正式版がユネスコに提出されました

 平成26年1月17日の閣議において、官営八幡製鐵所関連施設を含む「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」について、推薦書正式版をユネスコ世界遺産センターに提出することが了解され、1月29日にユネスコへ提出されました。
【参考】 「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」の世界遺産への推薦について(閣議了解)(外部リンク)

平成25年9月 今年度の世界文化遺産推薦案件に決定しました

 平成25年9月17日、菅内閣官房長官により、本市の官営八幡製鐵所関連施設を含む「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」が、今年度の世界文化遺産推薦案件としてユネスコ(国連教育科学文化機関)へ推薦されることが発表されました。

 9月20日には、外務省において「世界遺産条約関係省庁連絡会議」が開催され、同遺産群の世界文化遺産推薦に係る推薦書(暫定版)を9月末までにユネスコへ提出することが決定しました。

平成25年4月 世界遺産登録に向けた推薦書案を国へ提出しました

 平成25年4月23日、「九州・山口の近代化産業遺産群」世界遺産登録推進協議会会長である伊藤祐一郎鹿児島県知事をはじめ、協議会構成自治体(北九州市、福岡県を含む8県11市)の首長等は、世界遺産登録に必要となる「日本の近代化産業遺産群―九州・山口及び関連地域」の推薦書案を、坂本哲志内閣府副大臣(地域活性化担当)に提出しました。

推薦書案を国に提出

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

企画調整局政策部世界遺産課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2922 FAX:093-582-2176

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。