ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > 若松区 > 区のみどころ > 区の行事・まつり > 乙丸のほら貝祭り

乙丸のほら貝祭り

ほら貝祭り

  乙丸の貴船神社で毎年4月15日に行われる「ほら貝まつり」は、およそ200年前から行われている伝統行事で、ご神体のほら貝にお神酒を入れて飲むと、不老長寿の薬になると言い伝えられています。
  この伝統にちなんで、神主が祝詞をあげた後、ご神体のほら貝に実際にお神酒を入れて、参拝者にふるまいます。

貴船神社
貴船神社

『ながいきほら貝』 (貴船神社にまつわるお話)

  若い船乗りが嵐にあい、ある岸辺に打ち上げられ、若く美しい一人の女の人に会いました。女の人は、600歳だと聞いて若者はびっくりしました。
  女の人は、25歳の時に病気にかかって死にそうになります。その時、息子が拾って来てくれたほら貝の肉を食べると元通り元気になり、年を取らなくなったのです。
  この貝は、年をとらない宝物の貝として、毎年4月15日に祭りをするようになりました。

開催日 4月15日 祭典:午前10時~10時30分
開催地 貴船神社 北九州市若松区大字乙丸
お問合せ先 神主(ハタノ シゲマル)  電話:093-223-0952
交通アクセス 市営バス  「稲国橋」下車  徒歩30分

このページの作成者

若松区役所総務企画課
〒808-8510 北九州市若松区浜町一丁目1番1号
電話:093-761-5321 FAX:093-751-6274

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。