ページトップ

黒崎城址

所在地 屋敷一丁目9番 城山緑地公園
 城山またの名を道伯山というこの山には、かつて福岡城の端城の一つ黒崎城がありました。慶長5年(1600年)関ヶ原の戦の功により52万石の大名として筑前国に入部した黒田長政は翌6年から福岡城の築造にとりかかりました。
 また同時に、国境の守りを固めるため同15年までの間に、この黒崎城をはじめ若松城(中島城)、大隈城、鷹取城、小石原城、左右良城の六端城を築きました。そして、黒崎城には黒田二十四騎の一人、井上周防之房(いのうえすおうゆきふさ)を城主として任じました。しかし、元和元年(1615年)幕府の一国一城令により、わずか十数年で城はその役目を終えました。
 のち元文3年(1738年)この城の石垣は新田開作(現在の黒崎駅付近)のための護岸に使用されましたが、今では山頂に石垣がわずかに残るのみです。なお、この山に初めて砦を築いたのは、天慶2年(939年)、ときの朝廷に背いて瀬戸内海に兵を起こし破れた藤原純友との伝承もありますが定かではありません。

黒崎城址写真

このページの作成者

八幡西区役所コミュニティ支援課
〒806-8510 北九州市八幡西区黒崎三丁目15番3号 コムシティ5階
電話:093-642-1441

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。