ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > 八幡西区 > 八幡西区の概要 > 区長からのメッセージ

区長からのメッセージ

区長からのメッセージ

八幡西区長の写真

 皆様、こんにちは。このたび、八幡西区長に就任ました池上 修(いけがみ おさむ) です。八幡西区政の推進につきましては、日ごろより多大なご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

 八幡西区は、長崎街道の黒崎宿と木屋瀬宿にかけて形成されたまちと、石炭運搬の要衝として栄えたまちからなり、近代からは、臨海部の重化学工業の発展とともに栄えてきました。また、交通結節点としての利便性が高く、北九州市域の中でも比較的平坦な地形を有していることから、住宅を中心とした市街地が広がり、今では市の人口の4分の1を超える区となっています。

 地区ごとに見てみますと、黒崎地区では、八幡西図書館や黒崎ひびしんホール、コムシティなどにぎわいの核となる施設に多くの人が集まり、多彩な文化・交流活動が盛んに行われています。今後もJR黒崎駅の南北をつなぐ自由通路の建設や新黒崎駅の開業などが予定されており、さらに活力と魅力あふれるまちづくりを目指しています。

 折尾地区では、大学、短期大学、高等学校などが集中し、学園都市として魅力あるまちづくりと北九州学術研究都市の玄関口にふさわしい地域拠点とするため、折尾地区総合整備事業が進められています。今年1月には、鹿児島本線の仮線切替が行われる等、大きな節目の年を迎えました。

 永犬丸・沖田・上津役地区では、筑豊電気鉄道や国道200号などの交通の利便性と金山川や瀬板の森公園など身近な自然とともに安全で良好な居住環境を活かしたまちづくりが行われています。

 八幡南地区では、木屋瀬宿など宿場町の風情薫る町並みや伝統的なまつりが継承されており、また、ホタルの見所「黒川」や藤の名所「吉祥寺」など歴史・文化と自然が融合したまちの魅力が発信されています。

 また、今年3月には「旧八幡市制100周年」を迎えました。これを機に八幡の歴史や魅力を再確認するとともに、各地区の伝統や文化を次の百年を支える世代に継承していくことで、市民としてのシビック・プライドの醸成に繋げて参りたいと考えております。

 これからも区民の皆様と力を合わせ、八幡西区の特色を活かした「にぎわいと活力を創出し、暮らし・産業・自然が調和した郷土愛に満ちた歴史と交流のまち」づくりに努めてまいりますので、ご支援とご協力をお願いします。

平成29年4月
八幡西区長 池上 修

旧八幡市制100周年

このページの作成者

八幡西区役所総務企画課
〒806-8510 北九州市八幡西区黒崎三丁目15番3号 コムシティ5階
電話:093-642-1441 FAX:093-621-0862

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。