ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 福祉・人権 > 障害者支援 > 平成29年度「心の輪を広げる体験作文」及び「障害者週間のポスター」の募集(心の輪を広げる障害者理解促進事業)

平成29年度「心の輪を広げる体験作文」及び「障害者週間のポスター」の募集(心の輪を広げる障害者理解促進事業)

 毎年12月3日から9日までの一週間は「障害者週間」です。
 「障害者週間」は、障害のある人への関心と理解を深め、障害のある人があらゆる分野の活動に参加することを促進するために、「障害者基本法」によって設けられているものです。
 内閣府では、「障害者週間」の取組の一つとして、毎年、都道府県・指定都市と共催して「心の輪を広げる体験作文」と「障害者週間のポスター」を募集しています。
 障害の有無にかかわらず、誰もが互いの人格と個性を尊重し合いながら、安心していきいきと暮らすことのできる“共生のまちづくり”を目指し、ぜひ皆さんの体験や気持ちを作品にしてください!

(1)心の輪を広げる体験作文

募集テーマ

「出会い、ふれあい、心の輪~障害のある人とない人との心のふれあい体験を広げよう~」
(作品の題名は自由)

障害のあるなしにかかわらず共に支え合って生きることについて、皆さんの体験や気持ちを書いた作文を募集します。
人とのかかわりを通して感じたこと・考えたことや、体験したことの感想などを、自由に書いてください。

応募部門

「小学生部門」、「中学生部門」、「高校生・一般部門」の3部門。
小学生以上であればどなたでもご応募できます。応募できる作品は、1人1編で、未発表のものとします。

応募方法

  • 400字詰原稿用紙(B4判・縦書き)を使用してください。
  • 「小学生部門」及び「中学生部門」は原稿用紙2~4枚程度、「高校生・一般部門」は原稿用紙4~6枚程度とします。
  • 作品の他に、題名、住所、氏名(ふりがな)、年齢(生年月日)、性別、職業又は学校名(学年)、電話・FAX番号、障害の有無・程度などを記入した用紙を一緒に送ってください。

表彰

各部門ごとに1作品ずつ選定し、北九州市から内閣府へ推薦します。
全国の推薦作品の中から、部門ごとにそれぞれ最優秀賞1編、優秀賞3編、佳作5編以内が内閣府にて選定されます。
最優秀賞受賞者には内閣総理大臣賞、優秀賞受賞者には内閣府特命担当大臣賞、佳作受賞者には記念品が贈られます。
最優秀賞受賞者は、12月に東京で開催される表彰式で表彰される予定です。

(2)障害者週間のポスター

募集テーマ

「障害の有無にかかわらず誰もが能力を発揮して安全に安心して生活できる社会の実現」

誰もが互いに理解し合い支え合って暮らすことや、その人らしく輝けることなどについて、思いを自由に作品にしてください。

応募部門

「小学生部門」と「中学生部門」の2部門。
小学生、中学生の方が応募できます。応募できる作品は、1人1点で、未発表のものとします。

応募方法

  • 「小学生部門」は、造形的表現のみによる作品とし、標語や文字は入れないでください。
  • 「中学生部門」は、標語や文字を入れても差し支えありませんが、『12月3日~9日は障害者週間』の標語は、内閣府がポスターを作成する際に入れるので書かないようにしてください。
  • 作品は縦長の向きにしてください。彩色画材は自由です。
  • 紙の大きさは、画用紙のB3判(横364mm×縦515mm)又はいわゆる四つ切り(横382mm×縦542mm)としてください。これより小さい作品は、B3判又は四つ切りの大きさの台紙に貼り付けてください。
  • 作品の他に、題名、住所、氏名(ふりがな)、年齢(生年月日)、性別、学校名(学年)、電話・FAX番号、障害の有無・程度、作品で表現したかった内容などを記入した用紙を一緒に送ってください。

表彰

各部門ごとに1作品ずつ選定し、北九州市から内閣府へ推薦します。
全国の推薦作品の中から、部門ごとにそれぞれ最優秀賞1点、優秀賞1点、佳作5点以内が内閣府にて選定されます。
最優秀賞受賞者には内閣総理大臣賞、優秀賞受賞者には内閣府特命担当大臣賞、佳作受賞者には記念品が贈られます。
最優秀賞受賞者は、12月に東京で開催される表彰式で表彰される予定です。

応募期間

平成29年7月3日(月曜日)から平成29年9月7日(木曜日)まで(必着)
体験作文もポスターも同じ期間で募集しています。

応募先

〒803-0814 北九州市小倉北区大手町11番4号 大手町ビル8階 障害福祉企画課(差別解消法担当係)

体験作文もポスターも同じあて先へご応募ください。
児童生徒で、学校を通して応募する場合は、学校へ提出してください。

その他

  • 入賞作品については、作品集が作成されるほか、内閣府ホームページ等に掲載し、全国的な啓発広報に活用されます。
  • 入賞作品の著作権は、内閣府に帰属します。
  • ポスターの最優秀賞に選定された作品1点は、内閣府が作成する「障害者週間のポスター」の原画として使用されます。
  • ポスターの入賞作品については、障害者週間中に作品原画展が東京で開催されます。
  • 応募作品は、原則として返却しません。
  • 応募上の個人情報については連絡のみに使用します。ただし、内閣府への推薦作品の応募者の氏名、学校名、学年または年齢については、入賞作品の作品集等に掲載されます。

主催

内閣府並びに都道府県及び指定都市

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局障害福祉部障害福祉企画課(差別解消法担当係)
〒803-0814 北九州市小倉北区大手町11番4号北九州市大手町ビル8階
電話:093-582-5400 FAX:093-582-5516

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。