ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 感染症 > HIV・性感染症(STD) > 12月1日は「世界エイズデー」

12月1日は「世界エイズデー」

世界エイズデーは、世界レベルでのエイズのまん延防止と、患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的にWHO(世界保健機関)が1988年に制定したものです。毎年12月1日を中心に、世界各国でエイズに関する啓発活動が行われています。

北九州市では、世界エイズデーの一環として、HIV休日即日検査を実施します。また、市内イベントにて啓発活動を行います。

HIV休日即日検査

日時:平成29年12月3日(日曜日)9時~11時

場所:保健所保健予防課(北九州市小倉北区馬借1-7-1 総合保健福祉センター4階)

内容:HIV即日検査(結果は採血から約1時間後に、ご本人に直接面談の上、お知らせします。)

電話による申し込みが必要です。(申し込みは12月1日まで。先着50名)
予約電話番号:093-522-8711(保健所保健予防課)

※即日検査は、感染の可能性があった日から3ヶ月以上経過した方が検査対象です。

※12月3日(日曜日)以外の日に検査を受けたい方は、下記リンク先の案内をご覧ください。

レッドリボンキャンペーン2017in北九州

レッドリボンの画像

世界エイズデーの一環としてレッドリボンキャンペーン2017in北九州の特設サイトを開設しています。

レッドリボンキャンペーン2017in北九州特設サイト(外部リンク)

レッドリボンとは

“レッドリボン(赤いリボン)”は、古くからヨーロッパに伝承される風習のひとつで、もともと病気や事故で人生をまっとうできなかった人々への追悼の気持ちを表すものでした。

この“レッドリボン”がエイズのために使われ始めたのは、アメリカでエイズが社会的な問題となってきた1990年ごろのことです。このころ、演劇や音楽などで活動するニューヨークのアーティストたちにもエイズがひろがり、エイズで死亡する人々が増えていきました。そうした仲間たちに対する追悼の気持ちとエイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を示すため、“赤いリボン”をシンボルにした運動が始まりました。

この運動は、その考えに共感した人々によって国境を越えた世界的な運動として発展し、UNAIDS(国連合同エイズ計画)のシンボルマークにも採用されています。レッドリボンは、あなたがエイズに関して偏見をもっていない、エイズと共に生きる人々を差別しないというメッセージです。

レッドリボンの画像

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局保健衛生部保健衛生課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2435 FAX:093-582-4037

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。