ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 生活衛生・ペット > スズメバチの攻撃にご注意を!

スズメバチの攻撃にご注意を!

 8月22日(火曜日)、小倉南区の「菅生の滝」周辺の遊歩道で、市民がスズメバチに刺される事故が発生しました。この他にも、自然が多い地域で被害が発生しています。

 スズメバチは激しい攻撃性を持ち、特に活動が活発化する8月下旬から10月の時期には、巣に近づくだけで人に攻撃することがありますので、用心が必要です。

 これからの時期、皆さんがハイキングやキャンプ等で野外活動を行う際にスズメバチを見かけた場合は、次の事項に注意を払って行動してください。

1 刺されないためには

 スズメバチ及びその巣を見かけた場合は、刺激を与えないよう、近づいたり、大声を出したりしないでください。

2 刺されてしまったら

 刺されたところを氷等で冷やしながら、できるだけ早く病院を受診してください。

 応急措置には、抗ヒスタミン軟膏が有効ですので、持参することをお勧めします。

3 駆除について

 ハチの駆除や巣の除去は、たいへん危険ですので、専門の業者に依頼してください。

 なお、専門業者に関する情報は、「タウンページ」等の情報誌にある「ハチ駆除」「消毒業」のページを参考にしてください。

《スズメバチに関する相談窓口》

 北九州市 衛生害虫相談センター (電話093-571-6636)

このページの作成者

保健福祉局保健衛生部保健衛生課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2435 FAX:093-582-4037

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。