ページトップ

受動喫煙防止について

受動喫煙とは?

「室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされること」をいいます。
健康増進法第25条では、「多数の者が利用する施設の管理者は受動喫煙の防止に努めなければならない」と規定されています。

対象となる施設

法律や厚生労働省の通知で次の施設が明示されています。

学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店、鉄軌道駅、バスターミナル、航空旅客ターミナル、旅客船ターミナル、金融機関、美術館、博物館、社会福祉施設、商店、ホテル、旅館等の宿泊施設、屋外競技場、遊技場、娯楽施設、鉄軌道車両、バス、タクシー、航空機、旅客船

屋外であっても子どもの利用が想定される公共的な空間では、受動喫煙防止のための配慮が必要です。

受動喫煙防止の具体的方法(平成22年2月25日厚生労働省健康局長通知)

施設・区域における受動喫煙防止対策

多数の者が利用する公共的な空間については、原則として全面禁煙であるべき。全面禁煙をおこなっている場所では、その旨を表示し周知を図るとともに、来客者等にも理解と協力を求める等の対応が必要。

全面禁煙が極めて困難である施設・区域における受動喫煙防止対策

当面の間、喫煙可能区域を設定する等の受動喫煙防止対策を求める。
喫煙可能区域を設定した場合においては、禁煙区域と喫煙可能区域を表示し、周知を図り、理解と協力を求める必要がある。
喫煙可能区域に未成年者や妊婦が立ち入ることがないように、措置を講ずる必要がある。
喫煙場所から非喫煙場所にたばこの煙が流れ出ない等、適切な受動喫煙防止措置を講ずるよう努める必要がある。
(詳しくは、「分煙効果判定基準策定検討会報告書(平成14年6月)(外部リンク)」をご覧ください。)

※  健康増進法25条及び健康局長通知に関する罰則規定はありませんが、施設を利用される方々の健康のために、受動喫煙の防止対策について、ご理解・ご協力をお願いします。

※  たばこの害や受動喫煙の防止についての詳しい情報が次のホームページでご覧いただけます。

参考:厚生労働省健康局長通知、事務連絡

健康づくり応援店~たばこの煙のない店~

健康づくり応援店ステッカー

 敷地内や建物内での全面禁煙などに取り組む飲食店等を 「きたきゅう健康づくり応援店~たばこの煙のない店~」として、市のホームページやフェイスブック等でPRするとともに、「認証ステッカー」を配布します。
 「認証ステッカー」のある飲食店等では、他人の煙を吸わされる心配がありませんので、安心して利用することができます。
 現在、登録店を募集中です。ぜひ、 「きたきゅう健康づくり応援店~たばこの煙のない店~」にご参加ください。

無煙たばこ・スヌースの健康影響について

 無煙たばことは、製品を燃焼させることなく使用するたばこ製品で、スヌースを含む嗅ぎたばこやガムたばこを含む噛みたばこなどがあります。
 無煙たばこは、一般のたばこと同様、ニコチンや発がん性物質を含んでおり、使用者への健康影響が指摘されております。

※ 無煙たばこの関連情報は、次のホームページでご覧いただけます。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局健康医療部健康推進課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2018 FAX:093-582-4997

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。