ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 福祉・人権 > 人権 > 人権週間 > 平成28年度 人権週間記念講演会

平成28年度 人権週間記念講演会

 北九州市では、人権週間期間中の12月5日~12月9日に講演会を開催いたします。
ぜひご来場ください。

  • 入場無料
  • 先着順入場(申込不要)
  • 手話通訳・要約筆記をすべての会場に配置します。
  • 来場の際は公共交通機関をご利用ください。

【当日スケジュール(全会場共通)】

  • 13時00分~ 開場
  • 13時30分~ 開演
  • 13時40分~ 講演会(90分)
  • 15時20分~ 人権啓発アニメーション「光射す空へ」上映(32分)

平成28年度 記念講演会 会場及び講師

7区7会場で開催します。日程、講師、講演テーマは次のとおりです。

12月5日(月曜日)

にしゃんたさん写真 にしゃんたさん

門司市民会館 大ホール
  (北九州市門司区老松町3-2)
  にしゃんた
  [羽衣国際大学教授]
  「違いを楽しみ、力にかえる
    ~多文化共生“新"時代

12月6日(火曜日)

旭堂 南陵さん写真 旭堂 南陵さん

若松市民会館 大ホール
  
(北九州市若松区本町三丁目13-1)
  旭堂 南陵(きょくどう なんりょう)
  [講談師]
  [大阪芸術大学客員教授]
  「人の心に潜む差別」

12月7日(水曜日)

丹羽 小百合さん写真 丹羽 小百合さん

北九州市立大学 A‐101教室
  
(北九州市小倉南区北方四丁目2-1)
  丹羽 小百合(にわ さゆり)
  [TBSテレビ報道局外信部]
  「横田夫妻を見つめ続けて…めぐみさんを待つ2人の思い」
  

田辺 信道さん写真 田辺 信道さん

  田辺 信道(たなべ のぶみち)
  [音響技師]
  

菊池 桃子さん写真 菊池 桃子さん

黒崎ひびしんホール 大ホール
  (北九州市八幡西区岸の浦二丁目1-1)
  菊池 桃子(きくち ももこ)
  [女優]
  [戸板女子短期大学客員教授]
  「ソーシャル・インクルージョンってなに?
   ~すべての人が参加する社会」

12月8日(木曜日)

國森 康弘さん写真 國森 康弘さん

北九州国際会議場 メインホール
  (北九州市小倉北区浅野三丁目9-30)
  國森 康弘(くにもり やすひろ)
  [写真家]
  [ジャーナリスト]
  「写真が語る、いのちのバトンリレー
   ~さまざまな看取りの現場から」

黒川 祥子さん写真 黒川 祥子さん

響ホール 
  (北九州市八幡東区平野一丁目1-1国際村交流センター内)
  黒川 祥子(くろかわ しょうこ)
  [ノンフィクション作家]
  「虐待が子どもに何をもたらすのか
   ~社会的養護の場に生きる子どもたちの“今”」

12月9日(金曜日)

牧村 朝子さん写真 牧村 朝子さん

戸畑市民会館(ウェルとばた3階)
  (北九州市戸畑区汐井町1-6)
  牧村 朝子(まきむら あさこ)
  [タレント]
  [文筆家]
  [株式会社オフィス彩所属]
  「男や女である前の、あなたと私であるために」

人権週間記念講演会にお招きした講師の方々(敬称略)

  門司 小倉北 小倉南 若松
2001年
(平成13年)
ゾマホン・ルフィン
(タレント)
正司 歌江
(女優)
 八名 信夫
(俳優)
ジェームス三木
(脚本家)
2002年
(平成14年)
 渡辺 知子
(音楽家)
石井 めぐみ
(女優)
 丸山 浩路
(ステージパフォーマー)
角岡 信彦
(ノンフィクションライター)
2003年
(平成15年)
稲積 謙次郎
(北九州市人権施策審議会会長)
清家 篤
(慶応義塾大学教授)
ジェフ・バーグランド
(帝塚山学院大学
教授)
 灰谷 健次郎
(作家)
2004年
(平成16年)
蓬萊 泰三
(脚本・作詞家)
瀬地山 角
(東京大学助教授)
住田 裕子
(弁護士)
京谷 和幸
(アテネパラリンピック車イスバスケット日本代表)
2005年
(平成17年)
野田 淳子
(シンガーソングライター)
山上 梨香
(シナリオライター)
 稲積 謙次郎
(テレビ西日本客員解説委員)
シーナ・ダスワニ
(メディアスペシャリスト)
2006年
(平成18年)
高見澤 たか子
(評論家・ノンフィクション作家)
北村 節子
(読売新聞社調査研究本部主任研究員)
もり いさむ
(フォークシンガー)
有田 芳生
(フリージャーナリスト)
2007年
(平成19年)
倉富 史枝
(NPO法人福岡ジェンダー研究所理事・事務局長)
辺 真一
(コリア・レポート編集長)
沖藤 典子
(ノンフィクション作家)
松村 智広
 (財団法人 反差別・人権研究所みえ主任研究員)
2008年
(平成20年)
奥田 知志
(NPO法人北九州
ホームレス支援機構理事長)
辻本 一英
(芝原生活文化研究所所長)
村山 由香里
(株式会社アヴァンティ代表取締役社長)
渡辺 真由子
(メディアジャーナリスト)
2009年
(平成21年)
森 達也
(映画監督・ドキュメンタリー作家)
蓮池 透
(前「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」副代表)
林田 スマ
(大野城まどかぴあ館長)
京谷 和幸
(車いすバスケットボールプレイヤー)
2010年
(平成22年)
広瀬 久美子
(元NHKアナウンサー・エッセイスト)
増元 照明
(北朝鮮による拉致被害者家族連絡会事務局長)
A.WICKY(エー・ウイッキー)
(島根県立大学客員教授)
杉山 春
(ジャーナリスト)
2011年
(平成23年)
森 健
(ジャーナリスト)
藪本 雅子
(元テレビアナウンサー・元日本テレビ放送局記者)
臼井 敏男
(元朝日新聞社論説副主幹)
西岡 力
(東京基督教大学教授(韓国・北朝鮮地域研究専攻)・北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)会長)
2012年
(平成24年)
横田 滋・早紀江 夫妻
(北朝鮮による拉致被害者家族連絡会)
下村 健一
(フリージャーナリスト)
藤木 美奈子
(NPO代表・龍谷大学准教授)
上原 善広
(ノンフィクション作家)
2013年
(平成25年)
井沢 元彦
(作家)
入江 杏
(絵本作家・世田谷事件被害者遺族)
安田 菜津紀
(studio AFTERMODE所属フォトジャーナリスト)
石川 結貴
(作家)
2014年
(平成26年)
金澤 泰子・翔子
(書家)
田辺 鶴瑛
(講談師)
林 由紀子
(毎日新聞社記者)
大崎 麻子
(開発政策・ジェンダー専門家、関西学院大学客員教授)
2015年
(平成27年)
小森 美登里
(NPO法人エンジェルハートプロジェクト理事)

平野 フミ子
(北朝鮮による拉致被害者家族連絡会)

安川 雅史
(全国webカウンセリング協議会理事長)

為末 大
(一般社団法人アスリートソサイエティ代表理事)
  八幡東 八幡西 戸畑
2001年
(平成13年)
江森 陽弘
(ジャーナリスト)
 丸山 浩路
(ステージパフォーマー)
 桂 あやめ
(落語家)
2002年
(平成14年)
桂 文福
(落語家)
 石井 めぐみ
(女優)
 劇団パワーキッズ
ミュージカル
2003年
(平成15年)
落合 恵子
(作家)
蓬萊 泰三
(脚本・作詞家)
 山田 火砂子
(映画プロデューサー)
2004年
(平成16年)
佐木 隆三
(作家)
ジェフ・バーグランド
(帝塚山学院大学教授)
稲積 謙次郎
(北九州市人権施策審議会会長)
2005年
(平成17年)
松本 晶行
(弁護士・全日本ろうあ連盟常任理事)
広岡 智子
(子どもの虐待防止センター理事)
常田 富士男
(俳優)
2006年
(平成18年)
森田 ゆり
(エンパワメント・センター主宰) 
ダニエル・カール
(タレント)
成田 真由美
(パラリンピック金メダリスト)
2007年
(平成19年)
ピーター・フランクル
(数学者・大道芸人)
鈴木 ひとみ
(エッセイスト・バリアフリーコンサルタント)
天野 周一
(全国亭主関白協会会長)
2008年
(平成20年)
木元 教子
(評論家・ジャーナリスト)
鈴木 剛
(市民団体ジェネシスオブエンターテイメントディレクター)
重村 智計
(早稲田大学国際教養学部教授)
2009年
(平成21年)
東 ちづる
(女優)
石井 苗子
(女優・ヘルスケアカウンセラー)
河野 義行
(著述家・松本サリン事件被害者)
2010年
(平成22年)
立道 聡子
(シンガーソングライター)
江川 紹子
(ジャーナリスト)
栗原 美和子
(テレビプロデューサー・作家)
2011年
(平成23年)
生島 ヒロシ
(フリーアナウンサー・東北福祉大学客員教授)
石黒 由美子
(シンクロナイズドスイミング北京オリンピック日本代表)
角谷 敏夫
(元松本少年刑務所教育課法務教官)
2012年
(平成24年)
高橋 元太郎
(俳優)
音無 美紀子
(女優)
神 美知宏
(全国ハンセン病療養所入所者協議会長)
2013年
(平成25年)
金 美齢
(評論家)
荒木 和博
(特定失踪者問題調査会代表・拓殖大学海外事情研究所教授)
廣道 純
(プロ車いすアスリート)
2014年
(平成26年)
オスマン・サンコン
(ギニア共和国大使補佐)
水谷 修
(花園大学客員教授)
飯塚 繁雄
(北朝鮮による拉致被害者家族連絡会代表)
2015年
(平成27年)
久田 恵
(ノンフィクション作家)

東 小雪
(元タカラジェンヌ・LGBTアクティビスト)

纐纈 あや
(映画監督)

※肩書きは講演当時のもの

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局人権推進センター人権文化推進課
〒803-0814 北九州市小倉北区大手町11番4号
電話:093-562-5010 FAX:093-562-5150

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。