ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > 施設 > 生活分野ごとの施設一覧 > 生活衛生に関する施設 > 動物愛護センター > 動物愛護センターでの犬猫の引取りについて

動物愛護センターでの犬猫の引取りについて

 「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正され、平成25年9月1日に施行されました。改正法では、犬猫等の終生飼養の原則に反し、引取りを求める相当の理由がない限り、都道府県等は、飼い主からの犬猫の引取りを拒否できるようになりました。

犬猫の引取りを求める相当の理由がないと認められる場合

  1. 犬猫等販売業者から引取りを求められた場合
  2. 引取りを繰り返し求められた場合
  3. 繁殖制限のための指導に従わず子犬・子猫の引取りを求められた場合
  4. 犬猫の老齢・疾病を理由として引取りを求められた場合
  5. 飼養が困難であるとは認められない理由により引取りを求められた場合
  6. 譲渡先を見つけるための取組を行っていない場合

本市の対応

 法改正を受けて、本市動物愛護センターでは、上記の「繰り返しての引取り」「犬猫の老齢や病気を理由とする引取り」等の終生飼養の原則に反する場合は、原則として引取りをお断りします。

 飼い主の皆さん、最期まで責任と愛情をもって飼ってください。

負傷猫等の引取りについて

動物愛護センターでは、以下のような「そのまま放置すると死んでしまう可能性の高い猫」について引取りをしています。

  • 母猫が哺育放棄又は死亡等により、弱っている生後間もない離乳前の子猫
  • 箱等に入れられ捨てられた生後間もない離乳前の子猫
  • 飼い主不明の怪我や病気の猫

※飼い主がいる可能性があるなど、引取りできない場合がありますので、まずは動物愛護センターにご連絡下さい。

このページの作成者

保健福祉局保健衛生部動物愛護センター
〒803-0801 北九州市小倉北区西港町24番地7
電話:093-581-1800 FAX:093-582-8852

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。