ページトップ

北九州市の取り組み

1 アスベスト対策連絡会議の設置

 北九州市では、アスベスト問題に関わる様々な部署が情報を共有することを通じて、アスベスト対策を円滑に推進していくため、平成元年に「アスベスト対策連絡会議」を設置して、定期的に会議を開催しています。

2 環境中のアスベスト濃度測定

 北九州市では、アスベストによる大気汚染の状況を把握するため、市内5ヶ所で一般環境中のアスベスト濃度の測定を行っております。測定結果は、「北九州市の環境(環境白書) 資料編-大気環境測定結果」に掲載しています。

3 建築物解体工事の監視指導

(1)大気汚染防止法に基づく特定粉じん排出等作業実施届出の受理・審査

 発注者又は自主施工者から提出された実施届出書の内容について、「作業基準」に適合するものであるか審査し、必要な指導・助言を行っています。

(2)建設リサイクル法届出時における事前調査実施状況の確認

 同届出の提出(建築都市局監察指導課)に先立ち、環境局環境監視課にて、大気汚染防止法第18条の17第1項及び第3項に基づく「石綿の事前調査」の実施状況等を確認しています。

(3)立入検査

 石綿除去作業が適切に実施されているか監視するため、立入を行い、下記事項の確認等を行っています。

 ⅰ)作業基準の遵守状況(作業場の隔離状況、薬剤の準備状況 など)の確認
 ⅱ)一定規模以上の解体工事における敷地境界(4点)での大気中のアスベスト濃度測定の実施

4 建築物のアスベスト対策(建築都市局)

(1)建築物のアスベスト

(2)アスベスト除去の補助事業

このページの作成者

環境局環境監視部環境監視課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2290 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。