ページトップ

小倉祇園太鼓

県指定無形民俗文化財(昭和33年4月3日指定)

 山車に据え付けられた太鼓の音が無数に重なる小倉祇園祭は、映画「無法松の一生」で有名な祇園太鼓に象徴される勇壮な祭り行事です。関ヶ原の戦いの功により、40万石の大名に任ぜられた細川忠興公が、慶長7(1602)年に大規模な小倉城の築城を始め、元和3(1617)年に、城下町としての繁栄のために祇園社を創建して領内の総鎮守とし、翌年から行なった祇園祭が始まりといわれています。

 明治以降からは祭りが次第に変化していきました。飾り付けた山車や踊り屋台が、今日の太鼓を据え付けた山車になり、若衆がその太鼓を威勢よく打ち鳴らして町中が勇壮な太鼓の音でおおわれる・・・小倉祇園が太鼓祇園と言われる由縁です。

 祭りのハイライトは太鼓の競演会で、山車を有する町内ではともに腕を磨き、揃い浴衣に身を包んだ大人組、少年組100チーム以上が参加し、伝統の太鼓の打法を競い合います。

小倉祇園太鼓の写真1
小倉祇園太鼓の写真2

両面打ちの小倉祇園

小倉祇園太鼓の写真3

 両面打ちは全国でも類を見ない珍しい打法で、表と裏で音も打法も違うのが特色。太鼓の太さは直径一尺二寸(36.44センチ)から一尺五寸(45.5センチ)までが定式とされていますが、中には尺七や二尺物まであります。

 一面は甲高い音、もう一面はやや鈍い音を出すよう皮の貼り方で調整されています。甲高い方は「オモテ」や「カン」と呼ばれ、鈍い音の方は「ウラ」や「ドロ」と呼びます。

 また、太鼓の打ち方によってそれぞれ意味があり、天下泰平、国土安穏、五穀豊穣を祈願したものと言われています。「オモテ」は派手な打ち方、「ウラ」は単調な基本音となり、これにリード役のスリ鉦(ヂャンガラ)が加わって、小倉祇園太鼓の独特なシンフォニーが創り出されます。(開催地:小倉北区一帯)

小倉祇園太鼓を通じたまちづくり

 小倉祇園太鼓保存振興会では、小倉祇園太鼓の歴史や伝統を次世代に継承するため、また、マナー向上のため、校区の子ども達を対象とした太鼓塾を行っています。
 また、小倉北区役所では、観光客や外国の方に小倉祇園太鼓の魅力に触れていただくため、小倉祇園祭開催中、実際に太鼓を体験できる「おもてなし太鼓」を振興会と共同で開催しています。 

【問い合わせ先】小倉祇園太鼓振興会 電話:093-562-3341

「おもてなし太鼓」の様子

このページの作成者

小倉北区役所総務企画課
〒803-8510 北九州市小倉北区大手町1番1号
電話:093-582-3339 FAX:093-581-5496

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

区の行事・まつり

  • 組織から探す
  • 区役所
  • 施設
  • 市政・区政相談
  • 市政・区政提案箱
  • 北九州市コールセンター 093-671-8181 年中無休 8時から21時