ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 市政情報 > 財政状況・行財政改革 > 指定管理者 > 指定管理者制度導入施設の情報 > コンベンション・ビジネス関連施設 > 北九州テレワークセンター > 創業支援の中核施設「COMPASS小倉」のリニューアルオープンについて(平成30年6月)

創業支援の中核施設「COMPASS小倉」のリニューアルオープンについて(平成30年6月)

 北九州市では、日本一起業家に優しいまちを目指し、小倉駅新幹線口近くのAIMビル6階にある創業支援施設「北九州テレワークセンター」を国内最大級のコワーキングスペース「COMPASS小倉」としてリニューアルオープンさせ(平成30年6月)、fabbit共同事業体とともに、スモールビジネスから世界に通用するグローバルビジネスまで、まちぐるみで創業を応援します。
 新たに創業を考えている方、チャレンジしたい方、それらを応援する方など多様な方々が集い、新しいビジネスが創出されることを期待しています。

COMPASS小倉パース図

COMPASS小倉の公式ホームページ

経緯と概要

 北九州市はこれまで、平成27年4月に設立した「北九州スタートアップネットワークの会」を中心とした気軽に相談できる場の提供や相談者に寄り添う支援(伴走型支援)、さらには、北九州産業学術推進機構(FAIS)、商工会議所、金融機関などと連携した様々な創業支援に取組んできました。
 こうした中、近年、フリーランスが気軽に利用可能な民間コワーキングスペース等の整備や、スマートフォン・タブレット等の普及による通信技術の著しい進展、3Dプリンター・レーザーカッターなど個人でモノづくりが可能な社会の到来など、創業を取り巻く環境は大きく変わってきました。
 これらの状況を踏まえ、市内に点在する様々なリソースを繋ぐ施設、創業支援の中核施設として北九州テレワークセンターを「COMPASS小倉」という愛称でリニューアルオープンすることとしました。 

COMPASS小倉の機能

 COMPASS小倉では、指定管理者fabbit共同事業体による大規模なコワーキングスペースの設置や創業支援プログラムの実施だけでなく、創業に関する総合相談窓口の設置、創業に関する「情報」と「人」の集約・発信の強化、起業家の施設入居や交流促進(イノベーション創出)、北九州工業高等専門学校や市内企業によるモノづくり支援など、様々な機能が追加されます。

COMPASS小倉パース図

ネーミング(COMPASS小倉)について

 北九州テレワークセンターの愛称として「COMPASS(コンパス)小倉」 と名付けることとしました。
 COMPASSには、起業家の未来や方向性を示す羅針盤(compass)に加え、仲間(company)やコミュニティ(community)が、情熱(passion)をもって、チャレンジし困難を乗り越えて進む(pass)という意味が込められています。

※ なお、正式名称は「北九州テレワークセンター」のまま変更ありません。

fabbit共同事業体について

 APAMAN株式会社を代表とする計7社からなる共同事業体。平成30年4月から「COMPASS小倉(正式名称:北九州テレワークセンター)」の指定管理者として、コワーキングスペースの設置や様々な創業支援プログラムを実施します。

まちぐるみの創業支援のイメージイラスト

まちぐるみの創業支援のイメージイラスト

プレスリリース資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

産業経済局新成長戦略推進部産業政策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2299 FAX:093-591-2566

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。