ページトップ

関門海峡たこ

関門海峡の速い潮流にもまれて育つ「関門海峡たこ」は、足が太くて短く、吸盤が足の先までついており、身が引き締まっています。貝やカニなど、えさが豊富な海域に生息しているため、栄養満点!ふくよかな甘みが口の中に広がり、噛めば噛むほど旨味が増すと評判です。

 関門海峡たこを獲る漁業者は、資源管理を徹底しながら関門海峡たこを大切に育ててきました。平成21年9月に、その取り組みをより効果的にするために、漁業者は『北九州市関門海峡たこ協議会』を設立しました。
 当協議会は、幅広く関門海峡たこの資源やブランドの管理を行うとともに、PR活動も行いながら、関門海峡の魅力づくりに貢献していきます。
 「関門海峡たこ」とは、関門海峡たこ協議会の会員である平松、長浜、大里、旧門司及び田野浦の漁業者が、たこつぼ等により漁獲した500g以上のマダコとその加工品です。

商標登録済みの関門海峡たこのイラスト

主な漁期

1・2・6~9・11・12月

このページの作成者

産業経済局農林水産部水産課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2086 FAX:093-583-0594

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。