ページトップ

豊前本ガニ

ガザミ、ワタリガニとも言われ、豊前海北部で捕れるものを「豊前本ガニ」と呼んでいます。特に秋のものはおいしく、絹のような滑らかな身質で、ミソは濃厚な旨味を持っています。ゆでた身を二杯酢で食べるのが一般的で、鍋や味噌汁に入れてもおいしく、また、肝臓と卵(内子)が入った甲羅に熱い酒を入れた甲羅酒も美味です。

豊前本ガニの写真

主な漁期

5月~12月

問い合わせ

 豊前海北部漁業協同組合柄杓田地区 093-341-8911
 曽根漁業協同組合  093-471-7128

このページの作成者

産業経済局農林水産部水産課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2086 FAX:093-583-0594

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。