ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 無形民俗文化財 > 【市指定】能行の盆踊

【市指定】能行の盆踊

【市指定】能行の盆踊
指定区分 市指定 無形民俗文化財
文化財名称 能行の盆踊
名称かな のうぎょうのぼんおどり
指定年月日 昭和59年2月1日
所在地 小倉南区長行西二丁目2番 長行西二丁目公園
概要   旧企救郡の農村部に広く分布する盆踊りの一つである。宮太鼓1個を踊り輪の中心に据え、音頭取りの口説歌に合わせて右回りに踊る。踊りの所作は弓を引くような手振りに特徴があり、一名「ゆみひき踊」ともいう。踊りの種類は一つ、踊り歌も「能行口説」のみである。「能行口説」は天保6年(1835)能行村で実際に起こったお千代・儀平の心中事件を素材に作詞されたものである。翌7年には早くも瓦版によって近郊に流布され、以後旧企救郡の代表的な口説歌となった。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。