ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 消防・防災 > 平成30年春の火災予防運動

平成30年春の火災予防運動

 火災が発生しやすい時季を迎えるにあたり、市民及び事業所等の火災予防思想の普及と高揚を図り、住宅や事業所等における火災の発生を予防し、高齢者等を中心とする死者の発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐことを目的として実施します。

1 平成29年度全国統一防火標語
 『 火の用心 ことばを形に 習慣に 』

2 実施期間
 平成30年3月1日(木曜日)~平成30年3月7日(水曜日)

3 北九州市秋の火災予防運動の重点目標

(1)住宅防火対策の推進
(2)乾燥時及び強風時における火災発生防止対策の推進
(3)放火火災防止対策の推進
(4)特定防火対象物等における防火安全対策の推進
(5)製品火災の発生防止に向けた取り組みの推進
(6)多数の者が集合する催しに対する火災予防指導等の推進
(7)林野火災予防対策の推進

平成29年中の北九州市火災統計

火災統計
  状況 平成28年との比較
火災件数 263件 7件増加
死者数 15人(うち高齢者10人) 1人増加(2人増加)
住宅火災による死者数 11人(うち高齢者8人) 増減なし(1人増加)
負傷者数 52人 10人増加
損害額 約3億3千万円 約4千万円増加

出火原因

順位 原因 件数
1位 ※放火(疑い含む) 38件
2位 たばこ 24件
2位 こんろ 24件(うちてんぷら油火災14件)
4位 たき火・火入れ 23件
5位 配線器具 13件

 ※放火(疑い含む)による火災は、全国的にみても出火原因のトップを占めています。

- 火災予防のための具体的な取り組み -

こんろの火で服の袖が燃える

◆ 住宅からの出火防止対策

  • 寝たばこをしない
  • ガスこんろや仏壇のろうそく、ストーブなどの火を適正に管理する
  • 着ている服にガスこんろ等の火が燃え移る着衣着火に注意する
  • 住宅用火災警報器を適正に設置・維持管理する(法令で全ての住宅は義務設置)
放火されている様子

◆ 放火防止対策

  • 家の周りを整理整頓し、燃えやすいものを置かない
  • 家の周りを明るくする
  • 物置や車庫等には鍵をかけておく
  • ゴミは指定日の朝の決められた時間に出す

◆ 電化製品や配線などへの防火対策
テレビや冷蔵庫、洗濯機などのプラグが何年も差し込まれたままになっていると、ほこりが原因で火災になることもあります。

プラグからの出火

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

消防局予防部予防課
〒803-8509 北九州市小倉北区大手町3番9号
電話:093-582-3836 FAX:093-592-6795

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。