ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 史跡 > 【市指定】立場茶屋銀杏屋 附 永末諸記録1冊、家相図3枚

【市指定】立場茶屋銀杏屋 附 永末諸記録1冊、家相図3枚

【市指定】立場茶屋銀杏屋 附 永末諸記録1冊、家相図3枚
指定区分 市指定 史跡
文化財名称 立場茶屋銀杏屋  附 家相図3枚、永末諸記録1冊
名称かな たてばぢゃやいちょうや
指定年月日 平成8年3月27日
所在地 八幡西区石坂一丁目4番6号
概要   銀杏屋は長崎街道の黒崎宿と木屋瀬宿との間の「立場茶屋」として、諸大名はじめ、長崎奉行、巡見使、奉幣使らが休憩した「御小休所」である。庭前に銀杏の大木があるため、「銀杏屋敷」、「銀杏の木」とも呼ばれている。記録によると主屋の建築時期は、天保7年(1836)10月の火災による焼失直後から翌8年にかけてである。母屋は一部2階建で、大名などが休憩した「ざしき」は「上段の間」をもつ格式高い構造になっている。この地方を測量した伊能忠敬や『薩陽往返記事』の著者高木善助らがここで昼食をとったこともある。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。