ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 指定文化財 > 文化財公開施設のご案内
ページ本文

文化財公開施設のご案内

更新日 : 2022年6月23日
ページ番号:000163472

北九州市では以下の文化財施設を通年無料で公開しています。
ぜひ北九州市の歴史や文化に触れ、まちの魅力を感じてください!

施設からのお知らせ

東田第一高炉史跡広場

一部に危険個所があるため、当面の間、広場への立ち入りを禁止しております。
再開時期は未定です。ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

全施設

このページで紹介している文化財公開施設(東田第一高炉史跡広場を除く)は「おでかけ応援プレミアムサマー」の対象施設です。
ぜひ周辺の他の無料対象施設とあわせて見学にお越しください!
なお、北九州市民の方に限らず通年無料の施設なので、身分証の提示は不要です。

 

お知らせは以上です。

森鷗外旧居

〔もりおうがいきゅうきょ〕

文豪 森鷗外が旧陸軍第12師団軍医部長として小倉に赴任した際に、最初に住んだ家です。
明治30年頃に建てられたもので、昭和49年3月22日に市指定史跡となりました。
内部では貴重な関連資料を展示しています。

所在地・電話番号

小倉北区鍛冶町一丁目7番2号(Googleマップ(外部リンク)が開きます)
093-531-1604

開館時間

10時から16時30分まで

休館日

月曜日
祝日
年末年始(月曜日が祝日の場合は翌日も休館)

6月:6日、13日、20日、27日
7月:4日、11日、18日、19日、25日
8月:1日、8日、15日、22日、29日

交通

JR小倉駅から徒歩10分

火野葦平旧居「河伯洞」

〔ひのあしへいきゅうきょ「かはくどう」〕

本市出身の芥川賞作家 火野葦平(本名玉井勝則、明治39年=1906生)が昭和15年(1940)からその生涯を終えた同35年(1960)までの大半を過ごした建物です。河伯洞の名は葦平の河童好きに由来し、河童の住む家という意味で名付けられました。
平成9年3月27日に市指定史跡となっています。
火野葦平資料館とあわせてご見学ください。

所在地・電話番号

若松区白山一丁目16番18号(Googleマップ(外部リンク)が開きます
093-771-0124

開館時間

10時から16時まで

休館日

月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌日が休館)
毎月第3木曜日
年末年始
祝日の翌日(その日が土曜日、日曜日、祝日に当たる場合は開館し、直後の日が休館)

6月:6日、13日、16日、20日、27日
7月:4日、11日、19日、21日、25日
8月:1日、8日、12日、15日、18日、22日、29日

交通

JR若松駅から徒歩5分
無料駐車場あり
・台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用下さい。

火野葦平資料館

〔ひのあしへいしりょうかん〕

芥川賞作家 火野葦平の貴重な資料として、原稿書簡、日記、従軍手帳を展示。多くの作品を生み出した書斎も復元して展示しています。火野葦平旧居「河伯洞」とあわせてご見学ください。
なお、この資料館は若松市民会館内にあります。

所在地・電話番号

若松区本町三丁目13番1号(若松市民会館内)(Googleマップ(外部リンク)が開きます)
093-751-8880

開館時間

10時から16時まで

休館日

月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌日が休館)
毎月第3木曜日
年末年始
祝日の翌日(その日が土曜日、日曜日、祝日に当たる場合は開館し、直後の日が休館)

6月:6日、13日、16日、20日、27日
7月:4日、11日、19日、21日、25日
8月:1日、8日、12日、15日、18日、22日、29日

交通

JR若松駅から徒歩3分
無料駐車場あり
・若松市民会館の駐車場をご利用ください。
・台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用下さい。

東田第一高炉史跡広場

一部に危険個所があるため、当面の間、広場への立ち入りを禁止しております。
再開時期は未定です。ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

〔ひがしだだいいちこうろしせきひろば〕

明治30年(1897)、当時の八幡村に「官営製鐵所」が開庁し、明治34年(1901)2月には東田第一高炉への火入れが、同年11月18日作業開始式が行われました。現存の東田第一高炉は第10次改修高炉で、公称能力900トンを誇る日本最初の高圧高炉として建設されたものです。
平成8年3月27日、市指定史跡になりました。東田ミュージアムパークの構成施設の一つにもなっています。
高炉跡の周辺は史跡広場として整備され、製鉄の歴史の紹介や、トーピードカー(溶銑を運搬する台車)等も展示しています。

所在地・電話番号

八幡東区東田二丁目3番12号(Googleマップ(外部リンク)が開きます)
093-582-2391(北九州市役所文化企画課)

開館時間

9時から17時まで
(注)現在、終日広場への立ち入りを禁止しております。

休館日

年末年始

交通

JRスペースワールド駅から徒歩10分
駐車場はありません。

立場茶屋銀杏屋

〔たてばぢゃやいちょうや〕

江戸時代、街道の途中の休息所にあって、宿場と宿場の間にあって、旅人や人足、駕籠かきなどが休息した場所「立場茶屋」。銀杏屋は長崎街道の黒崎宿と木屋瀬宿との間の立場茶屋として、諸大名はじめ、長崎奉行、巡見使、奉幣使らが休憩した「御小休所(ごしょうきゅうしょ)」です。
この地方を測量した伊能忠敬も立ち寄ったそうです。その名のとおり庭前に銀杏の大木があります。
平成8年3月27日に市指定史跡に、平成29年3月17日には県指定建造物となりました。

所在地・電話番号

八幡西区石坂一丁目4番6号(Googleマップ(外部リンク)が開きます)
093-618-1836

開館時間

10時から16時30分まで

休館日

月曜日
祝日の翌日
年末年始(月曜日が祝日の場合は開館し、翌日が休館)

6月:6日、13日、20日、27日
7月:4日、11日、19日、25日
8月:1日、8日、12日、15日、22日、29日

交通

西鉄バス小嶺台バス停から徒歩5分
無料駐車場あり
・台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用下さい。
・施設から約200メートル離れた場所にあります。(Googleマップ(外部リンク)が開きます。)

旧高崎家住宅(伊馬春部生家) 

〔きゅうたかさきけじゅうたく(いまはるべせいか)〕

江戸時代末期の大きな商家の代表的な宿場建築。旧長崎街道筑前六宿の一つである木屋瀬宿にあり、建築年代は天保6年(1835)と考えられています。高崎家は屋号を柏屋(カネタマ)といい、カネタマ5代目として生まれ放送作家として活躍した伊馬春部(本名:高崎英雄)に関する資料を展示しています。
平成6年3月30日、市指定有形文化財(建造物)に指定されました。長崎街道木屋瀬宿の街並みと一緒にお楽しみください。

所在地・電話番号

八幡西区木屋瀬四丁目12番5号(Googleマップ(外部リンク)が開きます)
093-618-2132

開館時間

10時から16時30分まで

休館日

月曜日
年末年始(月曜日が祝日の場合は開館し、翌日が休館)

6月:6日、13日、20日、27日
7月:4日、11日、19日、25日
8月:1日、8日、15日、22日、29日

交通

筑豊電鉄木屋瀬駅から徒歩10分
無料駐車場あり
・台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用下さい。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。