ページトップ
ページ本文

地域のエネルギー再生拠点

太陽光・バイオガス発電設備、LED照明等を整備

環境モデル都市北九州市の画像

「環境モデル都市」である北九州市は低炭素社会づくりの一環として、日明浄化センターに下水道の持つエネルギーを有効に活用する新エネルギーと省エネルギーのショールームを整備し、「緑の成長戦略」を推進します。

太陽光発電設備

太陽光発電設備の写真

太陽光発電設備

下水処理の反応タンク上部に270kWの太陽光発電設備を導入しました。

(反応タンク上部に100kW以上の太陽光発電設備設置は日本初)

この設備は臭気対策用のフタの役目も兼ね、年間25万kWh程度の電力削減効果があります。

(二酸化炭素削減量 年間約92トン)

バイオガス発電設備

バイオガス発電設備の写真

バイオガス発電設備

下水汚泥処理により発生するバイオガスを利用したガス発電設備を導入しました。

バイオガスが燃料であるため24時間運転が可能であり、年間110万kWh程度の電力削減効果があります。

(二酸化炭素削減量 年間約410トン)

小風力発電

小風力発電設備の写真

小風力発電設備

再生可能エネルギーである風力を利用した小風力発電設備を導入しました。

年間0.6万kWh程度の電力削減効果があります。

(二酸化炭素削減量 年間約2トン)

小水力発電

小水力発電設備の写真

小水力発電設備

浄化センターの放流水の落差を利用した小水力発電設備を導入しました。

年間0.8万kWhの電力削減効果があります。

(二酸化炭素削減量 年間約3トン)

LED照明

浄化センター内LED照明の写真

浄化センター内LED照明

浄化センター場内の老朽化した屋外水銀灯をLED照明に変更しました。

導入により年間15万kWh程度の電力削減効果があります。

(二酸化炭素削減量 年間約55トン)

設備の効果
設備 太陽光発電 バイオガス発電 小風力発電 小水力発電 LED照明
省エネ効果
(年間電力量)
25万kWh 110万kWh 0.6万kWh 0.8万kWh 15万kWh
世帯数換算
(1世帯年3500kWh)
71世帯 316世帯 2世帯 2世帯 42世帯
温室効果ガス排出削減
(年間CO2量)
92トン 410トン 2トン 3トン 55トン

地域のエネルギー再生拠点として

スイッピーの画像

今回の各設備の導入により、日明浄化センターの年間電力使用量の約9パーセントにあたる150万kWhの電力を削減できます(平成24年度実績より)。また発電した電力は浄化センター内の機器の動力として利用します。

今後も下水汚泥の火力発電向け燃料化を予定しており、「地域のエネルギー再生拠点」として更なる省エネ・低炭素化に取り組みます。

下水道浄化センター見学

下水道浄化センターの見学をご希望の方は、下記リンク先ページよりお申し込みください。

このページの作成者

上下水道局下水道部東部浄化センター
〒803-0801 北九州市小倉北区西港町96番地の3
電話:093-581-5661 FAX:093-583-3909

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?  

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

  • 上下水道
    お客さまセンター

    093-582-3031

    (月曜から土曜日 8時30分から19時)
    水道利用開始・中止や名義変更、各種ご案内

     
  • 各種連絡先の
    ご案内

    水まわりのトラブルなど、各施設へのお問い合わせ

     
  • よくあるご質問

    お客さまから寄せられる代表的なご質問を集めました