みんなで食品ロス削減 『食べものの「残しま宣言」運動』 北九州市公式情報サイト

食品ロス及びレジ袋削減に向けた取組みに関する協定。小売事業者、市民団体、行政の三者連携による協定です。

循環型社会の形成や地球温暖化の防止等の推進を図るため、小売業事業者(スーパー等)、市民団体、行政で「食品ロス及びレジ袋の削減」に向けた協定を締結し、三者間の連携による統一的な取組を実施しています。

協定概要

北九州市では、循環型社会の形成や地球温暖化の防止等を推進するため、小売事業者、市民団体、行政の三者連携による統一的な取組みを実施することを目的に、「北九州市における食品ロス及びレジ袋削減に向けた取組に関する協定」を三者間で締結しています。

協定締結について

平成30年3月28日に小売事業者7事業者及び市民団体2団体と協定を締結しました。

協定参加者

  • ・小売事業者(順不同)
       イオン九州(株)
       エフコープ生活協同組合
       (株)サンリブ
       (株)西鉄ストア
       (株)ハローデイ
       マックスバリュ九州(株)
       (株)マルキョウ
     ・市民団体(順不同)
       北九州市環境衛生総連合会
       北九州市消費問題婦人協議会
     ・行政:北九州市

  • 平成30年3月28日協定締結式の様子

協定に基づく取組み

・食品ロス削減:
取組み状況を報告・共有し、食品ロス削減の取組みを検討・実施していく(期限切れ食品に向けた取組みなど)

【取組み例】
協定に基づく取組みとして、協定締結7事業者市内各スーパー店舗において、期限切れによって廃棄される食品の削減を目的に、期限の近い商品に貼られた割引シールを集めて送るとエコグッズが当たる、「期限切れ食品」削減キャンペーンを行いました。

「期限切れ食品」削減キャンペーン

・レジ袋:レジ袋の無料配布を中止する(有料化)。
協定に基づき、平成30年6月1日から協定締結7事業者の市内各スーパー店舗においてレジ袋の無料配布中止を実施しています。
※イオン及びエフコープは、協定締結以前からレジ袋の無料配布を中止しています。

協定参加スーパー名 ※順不同
事業者名 スーパー店
イオン九州(株) イオン
エフコープ生活協同組合 エフコープ
(株)サンリブ サンリブ/マルショク/サンク
(株)西鉄ストア 西鉄ストア/スピナ/スピナマート
(株)ハローデイ ハローデイ
マックスバリュ九州(株) マックスバリュ/ザ・ビッグ
(株)マルキョウ マルキョウ

※実施店舗の詳細は、「北九州市おける食品ロス及びレジ袋削減に向けた取組み」をご覧ください。

食品ロス応援リンク