ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 医療 > 難病対策 > 難病指定医及び協力難病指定医の更新手続きについて
ページ本文

難病指定医及び協力難病指定医の更新手続きについて

更新日 : 2019年6月13日

特定医療費に係る難病指定医または協力難病指定医の指定を受けている方は、5年ごとの更新手続きが必要となります。

1 更新手続き

(1)手続きを行う期間

指定医の有効期間内に更新手続きを行う必要があります。指定医の有効期間は、指定を受けた日から5年を超えない期間となっています。指定通知書によりご確認ください。

更新を受けない場合、その期間の経過によって難病指定医または協力難病指定医としての効力を失います。

 

(2)更新申請に必要な書類

 難病指定医

 ア 指定医指定更新申請書(別紙様式第5号)(PDF形式:37KB)

 イ 専門医に認定されていることを証明する書類(写し可)

   または 難病指定医の研修修了証書(写し可) 【「2 研修について」 参照】

 ウ 医師免許証の写し(医籍の登録番号及び登録年月日に変更がある場合のみ)   

  ※専門医の資格は、指定の更新を行う際に、当該資格を有していることが必要です。

  ※専門医の資格の更新をしなかった等の理由により当該専門医の資格を失った場合には、その旨を市長に届け出てください。

 協力難病指定医

 ア 指定医指定更新申請書(別紙様式第5号)(PDF形式:37KB)

 イ 協力難病指定医の研修修了証書(写し可) 【「2 研修について」 参照】

 ウ 医師免許証の写し(医籍の登録番号及び登録年月日に変更がある場合のみ)

(3)申請書送付先

   〒802-8560 北九州市小倉北区馬借1-7-1   総合保健福祉センター6階

   北九州市難病相談支援センター 認定審査係

2 研修について

専門医の資格を有しない難病指定医及び協力難病指定医は、指定医の指定を受けた日から5年を超えない日までの間に、難病指定医又は協力難病指定医の区分に応じ県知事または政令市の市長が行う研修を受ける必要があります。研修修了後、市から研修修了証書を発行します。

難病指定医の研修は、令和元年度10月頃に実施する予定です。日程が決まりましたら、ホームページ等でお知らせします。(実施時期は変更となる場合があります。)

 協力難病指定医の研修は、令和元年度は終了しました。

このページの作成者

保健福祉局総務部難病相談支援センター
〒802-8560 北九州市小倉北区馬借一丁目7番1号
電話:093-522-8762 FAX:093-533-6356

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。