ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 福祉・人権 > 介護 > 介護ロボット等導入実証事業 > 令和元年度 導入支援・コンサル
ページ本文

令和元年度 導入支援・コンサル

更新日 : 2020年6月10日
導入支援時の風景
導入支援の様子

 実証に参加する全職員が、機器を使いこなせる状態となるよう、各メーカーによる導入教育やフォローアップと、モデルと現場の状況に齟齬が発生しないよう、現場の施設職員に適宜聞き取りや実施状況の確認を行うなどのコンサルテーションを延べ70回実施しました。

支援状況
メーカー等 訪問回数 主な目的
パナソニック株式会社 12回 プラットフォーム等に関する対応
株式会社富士データシステム 8回 介護記録システムに関する対応
ノーリツプレシジョン株式会社 8回 見守りセンサーに関する対応
北九州産業学術推進機構(FAIS) 28回 導入機器全般に関する対応
株式会社メディヴァ 14回 業務マネジメント等に関する対応
合計 70回  

このページの作成者

保健福祉局先進的介護システム推進室
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2712 FAX:093-582-2095

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。